〜読書感想欄〜

こちらのページには、これまでに書いた読書に関する記事を並べています。感想あり、ちょっとした思い出あり。
いわゆるレビュー記事とは違いますので、肩透かしになるかもしれません。読書のご参考になるかは、読んでのお楽しみ、ということで……。

 

■セルフ作家(記事アップの逆順)

 

【山田佳江】
山田佳江著『ボタニカルアリス』を読んだ件

 

【くみた柑】
爽やかな感動をもらいました!:くみた柑 著『記憶の森の魔女』

 

【フクチカズアキ】
読後感の解説?:フクチカズアキ著『HOTEL NEW ALABAMA』を読んで。

 

【ヘリベマルヲ】
だから「困難だ」って言ったんだぁ
(『Pの刺激』の感想文に対する著者ご本人からの感想に対する再説明・弁明・言い訳だ(何とでも言って!))

感想を書くことが困難な作品
(『Pの刺激』を読了した。一言で言えば、《溢れ出る奔放なイマジネーションの洪水》。)

 

【平沢沙里】
思わぬところで見つけた《懐かしいお伽話》
(それは、『青き国の物語』)

【広橋悠】
読むべきだ!:広橋悠『妄想する子供たち』『海想』『アルフェラッツに溶ける夢』……
(あなたは広橋悠さんの『妄想する子供たち』を読むべきなんだ。)

 

【新潟文楽工房 ヤマダマコト】
すぐにスカウトしないと手遅れになるかも!
(ヤマダマコト作『山彦』を読み終えて)

読書前感想文という荒業
(新作『山彦』をポチったそのわけは)

 

【牛野小雪】
これは古典だ、傑作だ。
(新作『ターンワールド』を読んで)

 

【澤俊之】
青春小説を読みながら
(440Hzシリーズ、1978を読書中の所感)

 


■商業作家
【スティーブン・キング】

僕の電子書籍元年(読書サイド)

 

【手塚治虫】

火の鳥を読んでいます

 

【茨木のり子】

「倚りかからず」が出てきました

 

【夏目漱石】

『それから』を読了

三四郎と速読(?)

『創作家の態度』について、少しだけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

淡波亮作の作り方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。