「倚りかからず」が出てきました

倚りかからず
倚りかからず

どこかへ無くしてしまったと思い込んで、ずっと行方不明になっていた茨木のり子さんの詩集、「倚りかからず」が見つかりました。自分の本棚に、普通にありました。何回も何回も探したはずなのに、どうしてか、今晩急に見つかりました。
表題作の「倚りかからず」「笑う能力」「時代おくれ」の三つだけ、読みました。
いつ読んでも、茨木のり子はいいなあ…。

よくWEBでも紹介される表題作の印象から、生真面目で深刻な作風と思われがちかもしれませんが、ユーモアに溢れていて、それでいてザクッと刺されます。

「時代おくれ」の中に、こんな一節があります。

そんなに情報集めてどうするの
そんなに急いで何をするの
頭はからっぽのまま

出展:ちくま文庫「倚りかからず」茨木のり子 著

同じことを、よく思います。ググって終わりにしないこと、Wikiを読んで知ったつもりにならないこと、自分の頭で考えること。もっともっと大事にしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>