読んでる/読んだ;山田佳江『アンフォールドザワールド』@カクヨム

今、はまっている小説が、山田佳江さんの新作『アンフォールドザワールド』。
これはカクヨムの漫画原作コンテストに応募中の連載作品で、少年漫画の原作となるべく書かれた物語。ちょいホラーテイストのSFで、軽い読み味、ほんわかした主人公たちとアンバランスな敵キャラのおどろおどろしさがいい。

簡単に内容を紹介すると、主人公は中学生女子三名。相手役が未来人(?)の男子三名。
(これを書いている時点ではまだ完結していないので、不明点もありながらネタバレも連発にて、失敬)

世界の隙間に巣くう「ナニガシ」なる化け物をクラウドイーターと名乗る男子たちが追っている。それに巻き込まれた主人公たち三女子。迫る危機、アクション、謎。展開が速くスリリングで、飽きさせることがない。
うん、これはコミック向きだよな、と納得する。

WEB連載小説って、内容が面白くてもなかなか遅れずに読むことが難しい。面白いと思っていても、ちょっとしたことで読みそびれてしまうと、挽回が難しかったりするし。
だから、最後まで挫折せずに読んだのは、この作品と王木亡一朗さんの『Our Numbered Days』だけかもしれない(これはまだ最終回までいっていないけど、ま、挫折することはあり得ないだろうし)。
今のところ。

Our〜については挫折したミュージシャンが主人公なので、自分のことを読んでいるようで止められないということもあったかな……。

アンフォ〜は、単純に物語の面白さだけで次々と読まされてしまった。いつも、次のエピソードが楽しみで。

毎日でも読みたくなる連載のコツってなんだろうなぁ……と、これから新連載が控えている僕は考えた。
ちょこっとだけ考えた。

・一回が長すぎない
 (Our〜はちょっと長かった。継続して読むのにはちょこっと気持ちの切り替えが必要だった)
・面白い
・次への引きがある

まあ、当たり前のことばかりなんだけど。

この、長くないけど面白いというのが難しいところなのかな。短い中にも毎回それなりの山場があったり、登場人物は少なめにして覚えやすくしたり、個性を際立たせるために変わった(かつ個性を象徴する)名前をつけたり。簡単には明らかにならない謎がぽんと置かれていたり。
参考になるところが多々ある。

次の連載はWEBで物語を連載する三回目(ティプトンは除く)になる。実を言うと、一話一話の終わりに「引き」を作ったり、登場人物のことが覚えやすくなるようにという工夫はほとんどしたことがない。
どちらかというと、その後にまとめて電子書籍にするとき、きちんとしたものになるかどうか、という観点の方が大きかったりする。

きっとプロは、どちらも盛り込んで書くのだろうな。連載は連載で、飽きやすい読者を惹きつけて、どんどん増やせるように。まとめるときはきちんと一作の作品として過不足なくまとまるように。
そう思うと、まだまだ努力が足りないなあと思わないわけにはいかない。

でもね、出来る範囲でやりますよ。もちろん、出来る限りのことをしてね。

強引に自作の話に持って来てしまったけど、『アンフォールドザワールド』は面白いですよ(表紙っぽいイメージ画像もかっこいいし)。
未読の方は、ぜひ。

じゃ、また明晩!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>