カテゴリー別アーカイブ: Blender-99

Blender99、執筆再開!

久し振りの更新となりました。

先日、とうとうBlender Foundationから《ユーザーインターフェースが固定されました》というニュースが出ましたね。Twitter界隈でかなり話題になりましたので、目に留まった方も多いのではないかと思います。

《チュートリアルやマニュアルなどのためにキャプチャを撮りたい人は、もう困りません》というようなことも書かれていました。

ぼくも、待ちに待ったシーズン1.5の執筆を今週末から再開しましたよ! というお知らせです。

3月にいったん1巻の執筆を終えてはいたので、そのキャプチャを差し替える作業がメインになるのですが、ユーザーインターフェースというのはソフトウエアの使い勝手に直結している部分ですから、そこが変われば使い方も変わるんですよね。いやあ、ちょっとそこを甘く見ておりました……。

アイコンの色やデザインが変わることは織り込み済みでしたが、想定外のところがシンプル化されたことで、詳しく書いていた説明がごっそり不要になったりしました。詳しい説明が不要になるということは、より単純明快に、シンプルな使い勝手になったということですので、初学者にとってはとても良い変化ではないかと思います!

6月中に1巻の執筆は最低限終えますが、7月の2.80正式版公開時にどこまで書き終わっているかが勝負ですね(何の勝負だ?)。

そんなことで、今夜もちくちく静止画と動画でキャプチャを撮り、説明を書き直し、《より分かりやすく、楽しく学べる》Blender99を目指して作業を続けています。

7月のシーズン1.5発売を楽しみにしてお待ち下さいね!

では、

Happy Blending !!!

Blender99 第2巻改訂のお知らせ

GWをいかがお過ごしでしょうか。淡波は溜まりに溜まったノルマをこなすので必死に働いております(涙。

──ということで、タイトルにありますように、Blender99の第2巻を改訂、再出版しました。
今回は修正部分が多いため、Amazonさんには再配信をお願いしています。認められると良いのですが、そうでない場合は、読者さんが自ら、ご自分の電子書籍管理ページから更新して頂くことになります。お手数をお掛けしますが。
その場合は、こちらの記事の後半を参考にして下さいますと幸いです。

ここで改訂ポイントをお知らせするべきなのかとも思いますが、内容は多岐に渡り、ここに修正点だけを書いても分かりにくいだけになってしまうと思われます。たいへんお手数なのですが、購入済みでまだ読んでいない方、読んだけれども疑問点があった方は、どうか電子書籍をご更新下さいますでしょうか。

改訂にあたり、動画を1点追加、図版を数点差し替えております。Blenderファイルの配布もあります。もちろん、購入者さま向けのリンクページも更新していますので、合わせてご覧ください。

なぜ急にここへきて第2巻を改訂したのか、と思う読者さんもいらっしゃると思います。
Blender99では、Twitterなどで読者さんのご意見を伺うとともに、この淡波ログにおいてもご意見を受け付けています。
一昨日、ある読者さんからたくさんのご指摘をいただきました。そこには、恥ずかしくなってしまうようなミスや、ちょっと書き直せばもっともっと読者さんにとって分かりやすくなるだろう点が多数書かれていました。
昨日丸一日かけて、そのご指摘に対して修正の検討を行ない、電子書籍の内容を改訂した、というのが今回の顛末です。
非常にありがたくご指摘を受け止め、また、よりよいBlender99のために活かさせていただきました。ご指摘を下さいました読者さま、ほんとうにありがとうございました。
(今回はGWだったので迅速な対応ができましたが、今後同様なことがありましたら、対応にはきっともっと時間が掛かってしまうのではないかと思いますが……)


【ここで、読者のみなさんに1つお願いがあります。】
今回ご指摘をいただいた読者さんは、3ボタンマウスでマウスホイールによるドラッグが出来なかったと仰っていました。Blenderを学ぶためにマウスを買い、それがダメで、買い替えたけれどもやはりダメだったそうです。
皆さんのなかで、同様のご経験をした方はいらっしゃいますでしょうか?
私個人としては、いままでいろいろなマウスを使ってきた中でマウスホイールによるドラッグが出来なかったということはなかったのです。
もし同じ経験をした方がいらしたら、この記事のコメント欄などで情報をご提供いただけませんか?
それが今は解決したのなら、どうやって解決出来たのか、などなど、お話をうかがえると助かります。
もしかしたら、Twitterのほうが即時性があって良いかも知れませんね。複数のかたがどんどん情報交換をして問題を解決出来るのもTwitterの便利なところだと思いますし。

では、どうぞよろしくお願いいたします。


Happy Blending !!!

進捗──0421

こんばんは、もしくはこんにちは、もしくはお早うございます。

週末といえばBlender99の執筆活動になるわけですが、どうもここのところ調子がよくありません。
バージョン2.80のリリースが7月に決定したということが界隈の話題になっていましたが、僕にとって大きかったのは、同じニュースの中で「インターフェースの確定が5月中旬」と書かれていたことです。
とはいえ、それほど大きく変わることはないだろうと高をくくってシーズン1.5の執筆と画面キャプチャを進めていました。

2週間ほど前もちょっとしたアイコンデザインの変更があったため、その部分だけキャプチャを撮り直して部分差し替えを行ないました。
「小幅な変更が続くということは、もう確定も近いな」と思ったため、その程度の差し替えは苦になりませんでしたし、そろそろ大きな変更はないんじゃないかと勝手に思い込んでいたわけです。

と、こ、ろ、が、Blender開発陣の意識はそんなに低くはなかったのです!!
昨晩また新しいBledner2.80 Betaをダウンロードしてみた僕は、大きな違いに気が付きました。

UI_change
左が先週まで版、右が今週のもの 同色の枠が変化のあったもの同士

インターフェースのかなりの部分で、位置が変更されています。

さらに大きなことには、先週まであったスーパー・ギズモ(赤枠囲み部分)、つまりトランスフォームツールの全てを併せ持ったマニピュレータ・ーツールがなくなってしまいました。割り当てられていたショートカットキーもなくなってしまいましたし、2.79のようにShiftキーを押しながら複数ギズモを選択することも出来ません。

これは、、、と、眼が点になってしまいました。スーパー・ギズモについては2.79からの大きな変化だと思ったので、頑張って解説文を書いていたのですよ。トホホ。

まあ、愚痴を言っても仕方がありません。これもBlenderの正常進化のためです。

他にも、オブジェクト作成時に何でもかんでもRadius指定だったのがSize指定に変更されたり、ということもありました。でも、めげずに執筆を続けようとした矢先、ちょっと納得できないインターフェイスに遭遇したのですよ。

ちょっと下の図を見てみて下さい。ツールバーからムーブツールを選択すると、メニューバーにギズモぽいアイコンが現れます。「Default」と書かれていますが、この意味するところが、常に表示されている右側の「Transform Orientations」とほぼ同じなんです。てゆうか、同じです。
さすがにこれはあり得ないでしょう──。

UI_change2

とまあこんな状況ですので、恐らくこの部分のインターフェイスは今後数週間の間にまた大きく変わる予感がします。

ここで頑張って以前の原稿を書き直しても、またやり直しだとさすがの淡波メンタルでも折れそうな気がしますので、執筆は小休止にしたほうが良さそうだ。という考えに到りました。

いい加減な本を書くわけにはいきませんし、ここは涙を飲んで、インターフェイスが確定するまではストップすることにします。

待って頂いている読者の皆さんには申し訳ありませんが、《より分かりやすいBlender99》を実現するためですので、どうかご理解下さいませ。

シーズン1.5のリリーススケジュールにつきましては、追って検討します。

何卒、なーにーとーぞー、よろしく御お願い申し上げまする次第にござりまするー!

法被Blending!

 

 

 

シーズン1.5、起動!

ジャジャーン!
起動音を轟かせて、シーズン1.5が華々しく起動しました。
え、「何の?」って聞きますか?

決まってるじゃないですか、そう、『Blender99』のシーズン1.5ですってば!

「で、1.5? 何よそれ」
はい、そんな声も聞こえますね。もともとは予定になかったことです。Blenderのバージョンが2.80に上がったら、そこからシーズン2が開始されるのではなかったのでしょうか?
そう疑問に思われるのも無理はありませんが、ここには深〜い理由があります。

懸命な方はとっくに気付いていますよね?

Blender99のシーズン1は、バージョン2.79に対応していました。ほんとうの完全な入門から、基本的な機能をひととおり覚えるまでを10冊(3000ページ超)かけて行なったわけです。
シーズン2については、基本的なものから一歩進んだ機能を学ぶことになります。
例えばパーティクルや物理シミュレーション、スカルプトなどです。

じゃあ、バージョン2.80で初めて3DCGに触れる人はどうなりますでしょうか?
いきなりパーティクル?
どう考えてもそれはあり得ませんよね。
でも初歩から学ぶためにはシーズン1のBlender99をお勧めするしかありません(他の本を勧めないとすれば、ですがw)。
だからと言って2.79用のBlender99で勉強しても、役に立つのは知識の部分だけ。実際の操作に関して言えば混乱するだけですよね。まるでインターフェースが違うのですから。

そこで、淡波は考えたわけです。当たり前のことを。
シーズン2を開始する前に、シーズン1の内容をそのままバージョン2.80で学ぶことの出来るものが必要じゃないか。それがなければ初心者がBlenderを始めるための助けにならないじゃないか! と。

そんなわけで先週からシーズン1.5 第1巻の執筆を開始して、現在はそこそこ良い感じのところまで進んでいます。第1巻の、ですが。実際に執筆を始めてみると、ちょこっと書き直せばいいというレベルではないことに気付かされました。
《3DCGの考え方》といったページについてはほとんどシーズン1そのままの内容ですが、Blenderの操作に入るところからは、単に新しい画面のキャプチャを撮って差し替えるだけではまったく済みませんでした。
それはそうです、まったく新しいものとしてBlender自体が生まれ変わっているのですから、Blender99も生まれ変わる必要があるのです。
(とはいえ、全く同じままのところも結構あります。3DCGを作るための根底にある考え方自体は変わるものではありませんので)

噂では、Blender2.80の安定版が正式リリースされるのは4/20頃ではないかと聞きました(確証はまったくありません)。昨年12月時点では5月後半かと言われていましたので、かなりスムーズにバグ潰しが進んでいるのかもしれません。
そろそろリリースまで一ヶ月を切るタイミングだと考えると、いまBlender財団のプログラマーさんたちが行なっているのは機能の開発ではなくて安定性向上のための開発ではないかと思っています。
だから、そろそろ2.80の画面キャプチャを撮ったり、機能の解説を書き始めたりしても、その内容がリリース時に引っ繰り返ってしまうことはないと思うのです。

出来ればリリース時に三巻くらいまで仕上げたいと思っているのですが、思いのほか執筆量が多いため、何とも言えない状況です。少なくとも一巻は仕上がる予定ですが。

さて、今夜ももう少し書きますよ。

応援よろしくです!

じゃ、Happy Blending !!!!

小さな改訂ですが

『Blender99』シリーズについて、ちょこっとお知らせです。

これまで、前半についてはいわゆるepub目次に対応していませんでした。
読書する端末から本のどこかへジャンプしたい時、目次メニューを押すとこんな風になっていたのです……。

旧目次
(Kindle端末の表示ではありませんが)

これはいただけませんねえ、実質、どこにもジャンプ出来ない仕様です。
ごめんなさい。

というのも、常用しているBCCKSエディタの機能をきっちり理解していなかったのですよ。epub目次を作る機能があるのですが、デフォルトでは非表示になっているのに気付かず、自動的に生成されると思い込んでいたわけです。
そこを理解したのが6巻を制作しているときで、以降はきっちり対応するようにしました。

このほどシーズン1の全巻を刊行し終えたため、ようやく目次の改訂を行なうことが出来ました。

先週からちょこちょこと作業を行なって、本日4巻と5巻の改訂作業を行ないました。現在は全巻が下記のような目次になっていると思います。
(実質、目次と「本書の学び」が同じ内容になってしまいますが、Kindleで書籍を開くと目次より後のページから表示されると思いますので、「本書の学び」も残しておいた方がいいかなあと)

ファイル 2018-12-24 11 36 33

これなら、読み終わってBlenderを操作している途中で知りたいことがあったとき、知りたいことの書かれたページをパッと出すことが出来ますよね。

既に購入した電子書籍のデータが自動で更新されることはありませんが、Amazon内にある各個人の管理ページからデータを更新することが可能です。

詳しくはこちらの記事の後半に書いていますので、ご参照下さい。

それでは、本日はこんなところです。

!!!!! Happy Blending !!!!!

さらに挫折しない方法を考えた!

っとまあそういうことで、「挫折」という文字があるだけで『Blender99』関連情報だということはお分かりですね!

先日めでたく完結しましたシーズン1ですが、相変わらず1巻と最新巻が読まれています。もちろん間の巻もそれなりに出てはいるのですが、どうも1巻だけ読んで止まってしまう方も多いようなのです。
(止めてしまったのではなく、単に進度がゆっくりなだけかもしれませんが……)

改めて1巻を読み直すと、Blenderの本と言っておきながらBlenderを触るのは最後の方だけで、ほぼ全体が《CGを始めるための心得》みたいな話になっているわけです。まあ、それで《楽しそうなイメージを出して、CGが持っているであろう難しそうな印象を払拭して、誰でも取っつきやすくする》というやり方は間違いではないと思いますし、Amazonにおけるレビューを見ても好意的な見方が多いですから、1巻のあり方としてはあれで正解なんでしょう。
こういった参考書はこれまでになかったと思いますし!

と、そうやって胸を撫で下ろしていても2巻以降を読む人が増えるわけではありませんから、淡波は考えました。ええ、考えましたとも。

1巻だけで離脱してしまうのはなぜ?

答えは簡単ですね。
「CGやろうと思って読んだのに、実践が少ないよー!」
これに尽きると思います。

そこで考えたのが─────合冊版の刊行です!

最初に買った1冊で、きっちりCGが楽しくなるところまで学習を進められること。
次へ進まずにいられないところで終わっていること。
それには、一気に3巻まで読んで貰うのがベスト!

というわけですね。

スクリーンショット 2018-12-23 18.43.48
 (レンダリングはビューポートでの表示です)

3巻の内容を終えれば、ここまでは誰でも出来るようになります。

ね、どうです?
ここまで一気に来れば、楽しくなってどんどんBlenderをいじり倒したくなりますよね??

はい。
ちょうど、Amazonさんに書影が出てます。
こちらから、どうぞストアにご訪問下さいね。
紹介文には、合冊版で学ぶ内容(目次)をきっちり掲載していますので!

少々おトクな価格設定にしていますし、未読の方はどうぞ!
(巻末には、おまけとして小説の試し読みもご用意しました─────いらんがな、とか言わないで!)

では、よいクリスマスを。

!!!!! Happy Blending !!!!!

『Blender99』シーズン1、完結!

ここのところまじめに更新していなかった淡波ログですが、久し振りに更新したかと思ったら1日で2本更新という無謀をやらかすことになりました……。

と、いうことで、とうとうBlender99のシーズン1が完結しました!
本日、Amazonさん独占にて『Blender99 きっと絶対に挫折しない3DCG入門 10』の発売です!

思い起こせば2年前、ふとした気まぐれで開始したシリーズでした。
それまでは入門者向けではなく、そこそこ中級のBlender使い向けにチュートリアル的な記事など書き散らしておりました。入門のチュートリアルをやりたい人は、藤堂++さんの素晴らしいチュートリアルを見に行ってね! と追記したりして。
(いや、実際、藤堂++さんのチュートリアルは素晴らしくて、どうやってもかなわないんじゃないかと思っていたんですよね)

でも頭のどこかには、初心者向けのチュートリアルを極限まで丁寧に丁寧に、そしてCGを作るにあたって知っておきたい様々な考え方やものの見方などを伝えるには、自分は案外相応しいのではないかという思いもありました。
15年以上にわたるCGデザイナー/アートディレクター生活の中で、後進の指導や新人の教育、それから全くの初心者に対する入門教育の経験も多数あったからです。

そして、自分は自分なりのアプローチで書けばいいんだと割り切ることで、自分らしいBlender入門チュートリアル、Blender99を始めることが出来ました。

とまあ、そんなことで全99回の予定で始まったBlender99ですが、昨年1年間で全50話をこちらで連載し、今年の3月から電子書籍として刊行を開始しました。

この数か月、お陰様で多くの方に応援、コメント、感想などいただき、自著の中でも一番の人気を得た作品となりました──ほんとうは小説だって読まれたいんですけどね(涙)。

本日こうやってシーズン1の完結を迎えることが出来たのも、読者のみなさんのお蔭です。つまり今日まで書いていたってことですね……。
(本書のあとがきと同じになってきちゃったな……)

問題の内容ですが、10巻ではテクスチャー、UV、レンダリングについて書いています。
中でもプロシージャル・テクスチャーについては、基本的な事柄はほぼ全て網羅することが出来たような気がします。
(あくまでも入門用として。高度なことは置いておいて、ですが!)

最近の傾向として、ブログで書いていた内容はほぼ無視、ほとんどの内容が書き下ろしになっています。
本巻ではちょこちょこ連載時の内容もなぞりましたが、実質書き下ろしとほぼ変わらないものになったかなあと思います。

ボリューム的にも、Amazonさんの販売ページに記載されているページ数で言うと、なんと469ページです!
既刊をお持ちの方はご存知だと思いますが、画像サイズなどの関係で、実際の文章量よりもページ数は多めになります。恐らく、紙の本であれば半分くらいになるのではないでしょうか。

本日から発売になりましたので、次の土曜日いっぱいまでは発売記念セール価格とさせて頂いています。
定価が450円+消費税で486円、発売記念セール価格は、なんと300円となっています!

はい、そろそろ気になってきましたね。

では、こちらからぜひ、Amazonさんのページに飛んで下さいね!

今夜はこんなところで!

Happy Blending !!

(今日はもう盛りだくさん過ぎて、疲労の極でございます。文章がめちゃくちゃですが、ご容赦下さいませ────)

オルタニアの最新号も、来週末に出るよ!!!!

お待たせしてごめんなさい!!

どうも、今晩は。

本日発売予定のBlender99最新刊ですが、ようやく原稿が用意できました。これからAmazonさんに出版申請を行ないますので、まず間違いなく今夜中には発行されると思います。

お待たせして済みません!!

今回も、前回同様発売記念セールを行ないます。

本日発売時点から、来週日曜日いっぱいまで、一週間です。

9巻のページ数は、6巻と7巻の中間くらいです。恐らく300ページ台の後半あたりになるのではないかと。
(電子本なので、出版するまでページ数は分からないのです)

6巻が352ページ、432円(税込み)。
7巻が412ページ、486円(税込み)ですので、9巻は6巻と同じ432円に設定する予定です。

それが1週間は270円となりますので、たいへんおトクですね!!!

出版は何とかなりましたが、毎号付録として付けている動画リンク集の作成がまだ間に合っていません。
Amazonさんに出版申請を行なってからそちらの作成を続けますが、恐らく発売までには間に合わないかと思います。
(ブログなんか書いてないでそっちをやれ!という声が……)

前半だけでも今夜中に用意しますので、そこはご了承くださいませ(涙目で。

今回は、「簡単に面白い形がどんどん作れるぞ!」をテーマにしています。
前巻とはがらっと変わり、本来のBlender99シリーズらしい内容に戻りました。

9巻もまた、ぜひともご愛顧くださいませ。

宜しくお願いしますねっ!!!!!

Happy Blending!!!!!!

進捗──1103(あれはどうなってる?)

──ということでですね、文化の日の本日11月3日に『Blender99 きっと絶対に挫折しない3DCG入門』の最新刊である9巻を発売したかったのですが……やはり間に合わなかったですね。

文化の日に9巻を学びたかったみなさま、済みませんです。

現在も絶賛執筆中なのですが、以下のような感じですね。

もうほんとうにもう少しなのですが、最後の最後に来て予想を覆すことがありまして。
(最後にちょこっと載せようと思っていたアドオンが、いつの間にか劇的に進化していたのですよ!)

もう、ご存知の方はご存知ですね、あのアドオンです。

ご存知ない方は、明日をお楽しみにです!!
(夕方にはなんとか……)

そんなことで、皆さまの暖かい応援の声を感じながら、今日も執筆中でございます!

では、Happy Blending !!!!!!!!!!

進捗──1028 Blender99の9巻は……

どうも、みなさま今晩は。
淡波でございます。

現在も絶賛編集中の9巻ですが、現在7割程度の進み具合というところでしょうか。
可能なら今月中にと思っていたのですが、あまりにも何度も週末が潰れてしまって、作業時間が確保出来ませんでした。首を長くしてお待ちのみなさま、どうも済みません。

いやー、せっかく昨日BlendxJP IIIが開催されて盛り上がっているのに、残念ですねえ。
Poster_BlendxJP IIIs
ちなみにこのポスターの絵柄(ご存知の方が多いでしょうが!)、Blender99の8巻で学べる内容だけで出来ているんですよ(レンダリング以降の工程を除く)。
未読のあなた、読みたくなってきましたでしょ?


9巻は基本に立ち返り、《楽をして面白い形を作る》1冊になります。
多くはWEB連載時の「キューブに任せろ! モディファイア編」を元にしていますが、またも書き下ろしのチュートリアルがいくつか加わっています。連載部分についても単なる加筆修正でなく、そこそこのボリュームを新たに書き直したりもしました。
昔からの読者の方にとっても、気持ちを新たに楽しんで頂ける内容になっているのではないかと思います。
──たぶん。

ということで、もう少々お待ち下さいね。

来週末の淡波ログでは、きっと発売予定日のご案内が出来るかと思いますので。

では、Happy Blending!!