詩/空っぽだ

空っぽだ
とにかく空っぽだ

僕の言葉なんか
空っぽだ

何もかも
嘘っぱちだ

心なんか
どこにあるもんか

愛なんか知らない
お前なんか知らない

言葉なんか
作り物のうわ言さ

空っぽの僕を
振ってごらんよ

何の音もしないから
何の色も混ざりやしないから

見栄っ張りさ
欲得ずくめさ
汚らしい嘘つきさ!

だから

僕をひっくり返してみな

宇宙が出てくるんだからね!

空っぽだからこそ
何でも入れられるんだ

そこからは絶対、
宇宙が出てくるんだからね!

それが
空っぽであることの
唯一の美点

なんだぜ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>