インディゴ

遥か高く高く泳げば
空というものがあるらしい
もっと高く高く泳げば
星というものもあるらしい
どこまでも広がるインディゴの
この世界とは違う何かが

思い切り腕を伸ばし 黒い水をかいてみる
吸う息が薄くなる 目を開けていられない
明日にしよう 今日はもう
これ以上泳げない
他の誰か昇って行く
消えて行く 二度と戻らない

まだ誰も知らない何かが
どこかにあると言う人がいて
日々の美しい暮らしには
ないものがもっとあるらしい
心と体とそのほかに
何があるのか 何が欲しいのか

手に入れたものだけじゃ 足りないと掘り続け
目の前が曇っても もっと深く探してる
何のために 誰のために
いらないものを求めている
インディゴの海 それ以上は
なんにも いらないのに

この道をどこまでも辿れば
素晴らしい街に着けるらしい
この夢をいつまでも見ていれば
美しい未来に会えるらしい

その嘘をいつまで信じれば
その嘘にいつまで目をつぶれば

その嘘をいつまで信じれば
その嘘にいつまで目をつぶれば

進歩とは?
文明とは?
経済とは?
幸福とは?

何のために 人は
行きづらい 世を作る
何のために 人は
人を恨む 世を作る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>