世界はもう終わるっていうのに


世界はもう終わるっていうのに
産休を取るきみは満面の笑顔で
未来のきみを見る

世界はもう終わるっていうのに
何年も先までずっと続く仕事を
取って喜んでいる

世界はもう終わるっていうのに
二十年先のことを語り続けてる
見なかったつもり

世界はもう終わるっていうのに
あいも変わらず希望はそこらで
偉そうに横たわる

世界はもう終わるっていうのに
僕はこうしてとりとめもなく、
明後日を想像して

世界はもうほんとうに
もう明日にでも
終わってしまうんだと
知っているのに

いつもいつもいつもいつも
いつもいつもいつもいつも
変わらず不安に揺れている
いつもいつもいつもいつも
いつもいつもいつもいつも
何も心配などいらないとは
いつもいつもいつもいつも
いつもいつもいつもいつでも

誰ひとり
言い切ってはくれない

世界がもうほんとうに
終わってしまわないのだとしても

これから何かが良くなるとか
そんな嘘は
どこにも届きやしないのだ

 


 


淡波ログに掲載した作品を中心に書き下ろし作品を加えた初の詩集『猫になりたい』。
乾いた心にするりと忍び込む、読みやすい詩編を多数収録しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>