残しておきたいツイート

さて、今夜はいきなり宣伝的なやつから始まりますぜ、旦那。

1.

エゴサーチするとこの記事が結構出てくるのですよね。
今回、久し振りに内容を再読させていただいて、ニヤリとしてしまいました。
まさに、「術中にはまった読者」ってw。
今も自作の中で『孤独の王』が1番人気なのは、平沢さんのお蔭もあるんじゃないかと!
丁寧なご紹介、ほんとうに嬉しい限りです。

2.

こういう発想って面白いですよねー。
(僕自身は常に四次元で発想しなければならないと思っていたりしますがw)

3.

おっと、今度はくみたかんさんが書いてくださった感想ツイートを発掘!
『さよなら、ロボット』と言えば、いよいよ【再放送連載】が始まってますよねっ!

4.

読む目的がいろいろあって、書く目的がいろいろあって、売る目的がいろいろあって……。
それで、いいんじゃないかと思う。
表現って、「こうでなければならない」と考え出すと硬直化してしまうものだから。

5.

ここのところ自分の技術のなさにダウナー気味だったので、こうやって自分に言い聞かせた方がいいんですよ。
ええ、自分らしく書けばいいのですよ。

6.

ついつい書き過ぎてしまうタイプなので、こうやって考えることは大事ですねえ。

7.

この状況は何十年も変わっていないのだなあ。
過剰包装は要りませんよねえ、本当に。

8.

久し振りに師匠の名言。
どうしてこの方はこんなにもたくさんの素晴らしい言葉を残せたのだろう。
残したいと思って喋っていないことは確かだけど、ね。
普通に生きること、考えることがすでに、僕らにとって目標になっちゃうくらいのレベルなんだろうなあ。

9.

まあ、どうでもいいっちゃいいんですが、セミって頭の質感がすごいですよね。
ちょっと思い出したんですけれど、子供のころセミを捕まえて見ていたら、体をちっちゃい赤い虫が歩いていたんです。
きっとダニだったと思いますが、赤い虫にとってはセミの体がすごく巨大で、もう、一つの世界なんですよね。
世界って不思議だなあ。

10.

隙間社さんに気に入っていただけたことを思い出したので、嬉しくなって残しました。
改めて件の記事を読み直して、またも何度目かの初心に帰りましたよ。

じゃ、今日はこれまで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>