カテゴリー別アーカイブ: 自作について

よし、ここらで戦略見直しだ!

いやあ、こういうエッセイ風の見出し、久し振りですねえ。

今回の記事は、ずばりAmazonで販売している書籍の価格見直しです。

これまで、どちらかといえば僕は〈高価格戦略〉とも言える方法で自著を販売してきました。
自作の価値を高めて安売り本と差別化し、書店で売っている本と変わらないイメージを持ってもらう、というのが目的の大部分でした。小説の長さそれぞれ、概ね書店で売っている書籍の半額くらいが電子書籍の価格として妥当なのではないかと考えていました。
(→現状、商業流通電子書籍の価格は高すぎると思いますけど……)

が、これはやはり間違っているな、と昨年末あたりから考え始めました。

高価格戦略を取る前、よりどころにしたのがSean Wesさんのこんな言葉──。
「キミの商品の価格を倍にしてごらん、決して売上げは半分になんかならないから。むしろ、それはキミの商品の価値を高めることになるんだ!」

今も、この考えは正しいと思います。
でも、それはちゃんと届ける先が、受け取ってくれる読者さんがいて、の話。

僕はまったくの無名で、販促の手段もほとんどありません。

とても安い価格を付けていたり、無料だったりするほうが手に取りやすいのは当たり前。
まずは手に取ってもらわないことには、どうにもならないのですから!
(「無料本を気に入る→有料本へ」という流れもありますが、その本が高かったらやはり手に取りにくいですよね)

もちろん、今までにお金を払って買ってくださった読者さんを裏切るような行為はしたくありませんが、僕の小説は今もまだ「誰か一人でも多くの本好きの人に知ってもらうべく、でも埋もれている状態」であることに変わりはありません。
これまでに購入して読んでくださった読者さんは、〈新鮮な作品を読んだ〉とも言えますし、どうかお許しくださいませ──。

だから、一人でも多くの人に届けるため、思い切ってAmazonで価格を変更することの出来る全作品について、見直しを行います。
(他ストアとの関連で変更が難しい作品もありますが)

新価格の体系をまとめてみました。
最低価格の99円本を大幅に増やし、それなりの価格で販売してきた本は全てこれまでの半額以下とします。

一覧にすると、こんな感じです。

掌編・短編小説:99円
中編小説:140円
長編小説:250円(大長編は例外)

さて、安くて手に取りやすい感じになりましたでしょうか?
それとも、まだ高いイメージですか?

これで、当分の間は固定したいと思っています。
何度も何度も変更して申し訳ありませんが、恐らく今後は簡単に変更することもないでしょう。
(もちろん、新作発売時のセールやキャンペーンは別ですが)

これを書きながら、並行して販売価格の変更も行っています。
この記事が公開される頃には、恐らくいずれの作品も新価格に改訂されていることと思います。

未読の方、ぜひAmazonの淡波亮作ストアへお越しくださいねっ!

今日は、こんなお知らせでした。

じゃ、また!

今年はどんな年に──

年末に寝込んでしまい、2017年の総括も出来ずフワンフワンな状態で新年を迎えた淡波でございます。
今日も年末残タスクの壁ペンキ塗りをもくもくとこなしておりました。

旧年中は皆さまにほんとうにお世話になりまして、誠にありがとうございました。
ひとつの感想、レビュー、読んだよ、聴いたよ、のつぶやきが、すべて創作を継続するための強い力になっています。

さて、今年はどんな年に?
ジャンルごとに見ていきますね。
 

【小説部門】

『イン・ザ・フォグ(仮題)』
現在執筆中の長編小説の完成をいちばんに考えることにします。
ヴァンパイア・キャットをテーマにした美しく悲しい物語になる予定で、現在まで4万字ちょい。ようやく全体の三分の一ほどでしょうか。久し振りの長編執筆で楽しいのですが、あちこちで矛盾が出てきてしまって修正したり、なかなかに苦労しつつ少しずつ進めています。

『オルタニア』
Vol.5用原稿、すなわち『夢の見せる痛み』の最終話は脱稿済みなので、こちらはゲストさんなどの原稿待ち状態ですね。Vol.5が出たら、3ヶ月後くらいに5話分を単著としてまとめて発売する予定です。

『1キロキューブの街』
某コンテストに応募して見事に落選したショートショートを長編化するつもりで、昨年半ばに書きかけていました。現在3万字ほどだった記憶。当初のものとは全く違う話になりますが、こちらも2018年中には形にするつもりです。た・ぶ・ん。

『あ』
合間合間に書いていた超短編集があるのですが、あまりにくだらない内容なのでお蔵入り中。まだ完成もしていませんが、もし魔が差せば、ちゃらっと完成させて出してしまうかもしれません。

『淡波亮作全集』
計画倒れ中。初期の頃と最近ではepubの中身が全然違うため、一冊にまとめるのが難しいのですよね。作品によってcssのタグ割当が全然違うので、書式が壊滅的なのです。
 

【CG部門】

『blender-99』
ファーストSeason終了後、ちまちま電子書籍化を進めることになっていましたが、体調不良もあって「はじめに」でストップ。さてさて、バージョンアップまでに間に合わなければ、やばいです。

『Manuel Labを使おう』
こちらは本家の進化を粛々と追いかけます。まあ、バージョンが上がったことに気が付かないで時間が過ぎてしまうことも多いですが……。

『CG画集』
そんな予定ありましたねえ。たしか昨年の初め頃に数ページまで作って、そのまま放置でした……。
 

【音楽部門】

昨年最大の宿題、アルバム『Struggling』の発売を元日に終え、ようやく少し落ち着きました。皆さん、もう聴いてくださいましたか?
音楽の場合はKDPと違い配信コストがそこそこ掛かるので、どんどん次を出すというわけにもなかなかいきません。今回のアルバムは3年間の配信予定で、コストは13,000円強でした。
これをストリーミング再生の印税で回収すると考えると……ざっくり5万再生以上は必要です。
もしも黒字化したら、すぐ次に投資するのですが……。
厳しいかなあ。
経過については、こちらでちょくちょく報告しようと思っていますので!

今までに作った小説PV用や作中曲のサウンドトラックをまとめたアルバムも、昨年から作る予定になっていました。ダミー的なものですが、こんなジャケットも作っていたのですよ(笑
Jacket_STrack

二、三、歌い直したい曲もあり、時間があれば取り組みたいものの一つです。

日本語のポップソング・アルバムも作りたいですね。
もちろん、変な曲ばかりになると思いますが。

それからもう一つ、竹中越前守樫家氏とのコラボ企画が進行中です。こちらはヴォーカルトラックの録音を昨年終え、竹中氏が鋭意調理中です。
いつ頃のリリースになるかはまだ全然見えない状況ですが、ちょっと面白い曲ですので、耳を尖らせてお待ちください!


そんなこんなで、つらつらと書いて参りました。

今年は高すぎる目標を立てず、【予定】という位置づけにて書いてみました。
さて、どこまで予定通りに進めますやら────

では、お楽しみに!!

既刊連載『プロテイン・パック』最終回

既刊連載第二弾の『プロテイン・パック』です。
今回はその第8話、とうとう最終回を迎えました。

初めての方に簡単な紹介をしますと、こんな物語です────

牛も豚も鶏も絶滅してしまった未来、《肉》といえば形のない流動食《プロテイン・パック》のみになっていた。 久々の有形食を求めて体験ファームを訪れた二人は、他人とは全く違う未来を体験することとなった──。

初回を見逃してしまった方は、こちらへどうぞ!
連載を追い直すのは、こちら(降順ですが)からどうぞ

最終回は、こんな始まりです──

 翌日、デイヴィッドはパブリック・ライブラリのある記事に目を留めていた。この壊れつつある世界で、ただの一人も死者を出していない町があるという。レインフルークスという町だ。

この壊れつつある世界に、救いはあるのでしょうか……

一回あたり原稿用紙数枚程度で、WEB上でちょこっと読むにはちょうど良いボリュームだと思います。
どうぞ何かの合間や隙間時間にお楽しみください。

もちろん、ビューアには最高に読みやすいBiB/iを採用していますので、ブラウザ上できれいな縦書表示になっています。

では、始まります!

最終回
『プロテイン・パック』第9回


いかがでしたか?

さあ、次はどんな連載にしましょうか……。
まだ何も考えていませんけれど……。

では、またお会いしましょう!


 

もしもこの作品を気に入ってくださいましたら、他の物語もぜひ読んでみてくださいね。

他にも無料の作品がありますので!

このページの各種リンクのほか、こちらにAmazonの著者ページがございます。


本作品は、『奇想短編集 そののちの世界』に収録された作品の中の1本です。
ご興味ありましたら、こちらにもお立ち寄りくださいね。

今すぐ『プロテイン・パック』を電子書籍でまとめ読みしたい!
というあなたはこちら。
現在無料ですよ

それでは、Happy Reading !!

既刊連載『プロテイン・パック』第8回

既刊連載第二弾の『プロテイン・パック』です。
今回はその第8話。
再びデイヴィッドとトレイシーの話に戻りますが、もう、今までと同じでは……。

初めての方に簡単な紹介をしますと、こんな物語です────

牛も豚も鶏も絶滅してしまった未来、《肉》といえば形のない流動食《プロテイン・パック》のみになっていた。 久々の有形食を求めて体験ファームを訪れた二人は、他人とは全く違う未来を体験することとなった──。

初回を見逃してしまった方は、こちらへどうぞ!
連載を追い直すのは、こちら(降順ですが)からどうぞ

連載第8回めは、こんな始まりです──

 「なあ、トレイシー、結婚、しないか?」

いきなりこんな展開ですので、これ以上はお見せ出来ません(笑

一回あたり原稿用紙数枚程度で、WEB上でちょこっと読むにはちょうど良いボリュームだと思います。
どうぞ何かの合間や隙間時間にお楽しみください。

もちろん、ビューアには最高に読みやすいBiB/iを採用していますので、ブラウザ上できれいな縦書表示になっています。

では、始まります!

第8回
『プロテイン・パック』第8回


いかがでしたか?

さあ、次回は最終回ですよ。
では、お楽しみに!


 

もしもこの作品を気に入ってくださいましたら、他の物語もぜひ読んでみてくださいね。

他にも無料の作品がありますので!

このページの各種リンクのほか、こちらにAmazonの著者ページがございます。


本作品は、『奇想短編集 そののちの世界』に収録された作品の中の1本です。
ご興味ありましたら、こちらにもお立ち寄りくださいね。

今すぐ『プロテイン・パック』を電子書籍でまとめ読みしたい!
というあなたはこちら。
現在無料ですよ

それではまた──

既刊連載『プロテイン・パック』第7回

既刊連載第二弾の『プロテイン・パック』です。
今回はその第7話。
再びデイヴィッドとトレイシーの話に戻りますが、もう、今までと同じでは……。

初めての方に簡単な紹介をしますと、こんな物語です────

牛も豚も鶏も絶滅してしまった未来、《肉》といえば形のない流動食《プロテイン・パック》のみになっていた。 久々の有形食を求めて体験ファームを訪れた二人は、他人とは全く違う未来を体験することとなった──。

初回を見逃してしまった方は、こちらへどうぞ!
連載を追い直すのは、こちら(降順ですが)からどうぞ

連載第7回めは、こんな始まりです──

 デイヴィッドは、植生の管理と野生のグラスホッパーの生息域の関係性についてパブリック・ライブラリで調べていた。野生のグラスホッパーにとって、餌場は閉ざされた一定の空間ではなく、イネ科やキク科をはじめとしたいわゆる雑草が繁茂する地域の全体となっていた。

一回あたり原稿用紙数枚程度で、WEB上でちょこっと読むにはちょうど良いボリュームだと思います。
どうぞ何かの合間や隙間時間にお楽しみください。

今回は、特に短いエピソードです。
あっという間に読み終わりますので、どうぞ!

もちろん、ビューアには最高に読みやすいBiB/iを採用していますので、ブラウザ上できれいな縦書表示になっています。

では、始まります!

第7回
『プロテイン・パック』第7回


いかがでしたか?

また来週をお楽しみに!


 

もしもこの作品を気に入ってくださいましたら、他の物語もぜひ読んでみてくださいね。

他にも無料の作品がありますので!

このページの各種リンクのほか、こちらにAmazonの著者ページがございます。


本作品は、『奇想短編集 そののちの世界』に収録された作品の中の1本です。
ご興味ありましたら、こちらにもお立ち寄りくださいね。

今すぐ『プロテイン・パック』を電子書籍でまとめ読みしたい!
というあなたはこちら。
現在無料ですよ

それではまた──

既刊連載『プロテイン・パック』第6回

既刊連載第二弾の『プロテイン・パック』も、今回で第6話。
今回のエピソードは、新展開です。
いよいよ物語がぐわんぐわんと動き始めます……。

初めての方に簡単な紹介をしますと、こんな物語です────

牛も豚も鶏も絶滅してしまった未来、《肉》といえば形のない流動食《プロテイン・パック》のみになっていた。 久々の有形食を求めて体験ファームを訪れた二人は、他人とは全く違う未来を体験することとなった──。

初回を見逃してしまった方は、こちらへどうぞ!

連載第6回めは、こんな始まりです──

 きっかけは、遙か東の小国ジャパンのある小学校における集団急性食中毒事件だった。給食をとり始めた数分後、生徒たちが一斉に腹を押さえて苦しみだした。

一回あたり原稿用紙数枚程度で、WEB上でちょこっと読むにはちょうど良いボリュームだと思います。
どうぞ何かの合間や隙間時間にお楽しみください。

今回は、特に短いエピソードです。
あっという間に読み終わりますので、どうぞ!

もちろん、ビューアには最高に読みやすいBiB/iを採用していますので、ブラウザ上できれいな縦書表示になっています。

では、始まります!

第6回
『プロテイン・パック』第6回


いかがでしたか?

また来週をお楽しみに!


 

もしもこの作品を気に入ってくださいましたら、他の物語もぜひ読んでみてくださいね。

他にも無料の作品がありますので!

このページの各種リンクのほか、こちらにAmazonの著者ページがございます。


本作品は、『奇想短編集 そののちの世界』に収録された作品の中の1本です。
ご興味ありましたら、こちらにもお立ち寄りくださいね。

今すぐ『プロテイン・パック』を電子書籍でまとめ読みしたい!
というあなたはこちら。
現在無料ですよ

それではまた──

既刊連載『プロテイン・パック』第5回

既刊連載第二弾の『プロテイン・パック』も、今回で第5話。
デイヴとトレーシーの平和な日々も、もう長くは続かないような……。

初めての方に簡単な紹介をしますと、こんな物語です────

牛も豚も鶏も絶滅してしまった未来、《肉》といえば形のない流動食《プロテイン・パック》のみになっていた。 久々の有形食を求めて体験ファームを訪れた二人は、他人とは全く違う未来を体験することとなった──。

初回を見逃してしまった方は、こちらへどうぞ!

連載第5回めは、こんな始まりです──

 グラスホッパーの体液で薄汚れたチューブをミニバスが通過したのち、別の黒い影が市街地の上空を悠々と進んでいた。いわゆるホエールである。

一回あたり原稿用紙数枚程度で、WEB上でちょこっと読むにはちょうど良いボリュームだと思います。
どうぞ何かの合間や隙間時間にお楽しみください。

今回は、特に短いエピソードです。
あっという間に読み終わりますので、どうぞ!

もちろん、ビューアには最高に読みやすいBiB/iを採用していますので、ブラウザ上できれいな縦書表示になっています。

では、始まります!

第5回
『プロテイン・パック』第5回


いかがでしたか?

また来週をお楽しみに!


 

もしもこの作品を気に入ってくださいましたら、他の物語もぜひ読んでみてくださいね。

他にも無料の作品がありますので!

このページの各種リンクのほか、こちらにAmazonの著者ページがございます。


本作品は、『奇想短編集 そののちの世界』に収録された作品の中の1本です。
ご興味ありましたら、こちらにもお立ち寄りくださいね。

今すぐ『プロテイン・パック』を電子書籍でまとめ読みしたい!
というあなたはこちら。
現在無料ですよ

それではまた──

既刊連載『プロテイン・パック』第4回

既刊連載第二弾の『プロテイン・パック』も、今回で第4話。
物語がかなり動いてきましたが、お楽しみいただいてますでしょうか?

初めての方に簡単な紹介をしますと、こんな物語です────

牛も豚も鶏も絶滅してしまった未来、《肉》といえば形のない流動食《プロテイン・パック》のみになっていた。 久々の有形食を求めて体験ファームを訪れた二人は、他人とは全く違う未来を体験することとなった──。

初回を見逃してしまった方は、こちらへどうぞ!

前回は、体験ファームでのホッパーハンティングを終え、インストラクターの説明を聞いているところまででした。トレイシーとデイヴィッドがこれからどうなるのか、気になり始めましたね……。

連載第4回めは、こんな始まりです──

 流水でサッと洗ったグラスホッパーのカゴをデイヴィッドから受け取ると、インストラクターは水を切って概ね一食分ずつの真空パックに詰め、瞬間冷凍器に通した。これで、向こう一週間は新鮮な風味の有形食が確保できたというわけだ。

さてさて、今回はどんな展開になりますでしょう。

一回あたり原稿用紙数枚程度で、WEB上でちょこっと読むにはちょうど良いボリュームだと思います。
どうぞ何かの合間や隙間時間にお楽しみください。

もちろん、ビューアには最高に読みやすいBiB/iを採用していますので、ブラウザ上できれいな縦書表示になっています。

では、始まります!

第4回
『プロテイン・パック』第4回


いかがでしたか?

また来週をお楽しみに!


 

もしもこの作品を気に入ってくださいましたら、他の物語もぜひ読んでみてくださいね。

他にも無料の作品がありますので!

このページの各種リンクのほか、こちらにAmazonの著者ページがございます。


本作品は、『奇想短編集 そののちの世界』に収録された作品の中の1本です。
ご興味ありましたら、こちらにもお立ち寄りくださいね。

今すぐ『プロテイン・パック』を電子書籍でまとめ読みしたい!
というあなたはこちら。
現在無料ですよ

それではまた──

既刊連載『プロテイン・パック』第3回

ども。
既刊連載第二弾の『プロテイン・パック』、お楽しみいただいてますです?

初めての方に簡単な紹介をしますと、こんな物語です────

牛も豚も鶏も絶滅してしまった未来、《肉》といえば形のない流動食《プロテイン・パック》のみになっていた。 久々の有形食を求めて体験ファームを訪れた二人は、他人とは全く違う未来を体験することとなった──。

初回を見逃してしまった方は、こちらへどうぞ!

前回は、体験ファームでデイヴィッドが獲物を捕まえたところまででした。

連載第3回めは、こんな始まりです──

「どうです? ご試食なさりますか」
「そのまんま?」トレイシーが目を丸くしてデイヴィッドの顔を見た。

さてさて、今回はどんな展開になりますのやら。

一回あたり原稿用紙数枚程度で、WEB上でちょこっと読むにはちょうど良いボリュームだと思います。
どうぞ何かの合間や隙間時間にお楽しみください。

もちろん、ビューアには最高に読みやすいBiB/iを採用していますので、ブラウザ上できれいな縦書表示になっています。

では、始まります!

第3回
『プロテイン・パック』第3回


いかがでしたか?

また来週をお楽しみに!


 

もしもこの作品を気に入ってくださいましたら、他の物語もぜひ読んでみてくださいね。

他にも無料の作品がありますので!

このページの各種リンクのほか、こちらにAmazonの著者ページがございます。


本作品は、『奇想短編集 そののちの世界』に収録された作品の中の1本です。
ご興味ありましたら、こちらにもお立ち寄りくださいね。

今すぐ『プロテイン・パック』を電子書籍でまとめ読みしたい!
というあなたはこちら。
現在無料ですよ

それではまた──

既刊連載『プロテイン・パック』第2回

先週新たに既刊連載として始まりました『プロテイン・パック』、お楽しみいただけましたでしょうか?

あ、筋トレとか、ボディビルのお話じゃあありませんよ。
近未来SFですから、そこんとこよろしくです。

じゃあ、プロテイン・パックって何のことかって?
それはね────

牛も豚も鶏も絶滅してしまった未来、《肉》といえば形のない流動食《プロテイン・パック》のみになっていた。 久々の有形食を求めて体験ファームを訪れた二人は、他人とは全く違う未来を体験することとなった──。

前回を見逃してしまった方は、こちらへどうぞ!

連載第2回めは、こんな始まりです──

「ハイ、トレイシー」
「ハイ、デイヴ」
 デイヴィッドがブックマークしていたパンフレットを胸の高さに表示しながら、二人は体験ファーム行き路線と繋がっているバス・チューブへと向かった。

一回あたり原稿用紙数枚程度で、WEB上でちょこっと読むにはちょうど良いボリュームだと思います。
どうぞ何かの合間や隙間時間にお楽しみください。

もちろん、ビューアには最高に読みやすいBiB/iを採用していますので、ブラウザ上できれいな縦書表示になっています。

では、始まります!

第2回
『プロテイン・パック』第2回


いかがでしたか?

また来週をお楽しみに!


 

もしもこの作品を気に入ってくださいましたら、他の物語もぜひ読んでみてくださいね。

他にも無料の作品がありますので!

このページの各種リンクのほか、こちらにAmazonの著者ページがございます。


本作品は、『奇想短編集 そののちの世界』に収録された作品の中の1本です。
ご興味ありましたら、こちらにもお立ち寄りくださいね。

今すぐ『プロテイン・パック』を電子書籍でまとめ読みしたい!
というあなたはこちら。
現在無料ですよ

それではまた──