カテゴリー別アーカイブ: ソフトウエア

Studio Oneか? Reasonか?

今日は、DAW(Digital Audio Workstation)、つまり、音楽を創るソフトウエアのお話です。

まじで悩んでたんだって。
もう、ずっと、何年も。
でも、本日現在では結論が出た模様(笑。

Studio Oneが発売されて、評判になって、特に音質がべらぼうに良いという話を聞くにつけ、もう欲しくて堪らなくなった時期があった。
自分の作った曲の最終的な音質にどうしても納得出来なくて、少しでも音質を良くしたいと思っていたのだ。
だから、毎年Black Fridayの時期になってセールをやっていると、毎日毎日悶々として過ごしていた。

僕の愛用しているReasonはとても素晴らしいソフトで、これは現在のDAWの形に少なからず影響を与えたと思っている。
(GUIベースで最初に素晴らしいシーケンサー&生録ソフトを作ったのはSteinbergだと思うけど、Reasonを生み出したPropellerhead社は、ひたすら高機能化に突き進んでいたDAWの世界に再び「音楽を創る悦び」と「DAWをいじる楽しさ」をもたらしてくれたのだ。あ、もちろん、Protoolsは除いての話。あれは基本的にPro専用だから)
僕が使っているReasonはVer.6.5で、かなり古い。現在の最新版は9.1。今年発売された9.0はとても評判がよく、中でもピッチ補正のツールが素晴らしいらしい。バージョンアップしようかどうかとずっと考えてたのだけれど、全体がフラットデザインになってしまって明らかに見辛くなったインターフェイスがどうも好きになれず、古いまま使っているのだ。
だって、Reasonは現実に存在する様々なスタジオ機器をDAW上でリアルに再現(裏側の結線まである)したところが分かりやすくて使いやすくて楽しいのだから。現実のメタファーではなくなってしまったスタジオ機器のフラットデザインに、どうやったら魅力を感じるのだ!?
と思っていたわけで。

で、Black Fridayの話に戻ると、今年も悩みに悩んでいたわけなのだ。
Studio Oneをクロスグレード購入するべきか、Reasonをそろそろバージョンアップすべきか。
Reasonのアップグレードなら$129(約14,600円)、Studio One(Professional)へのクロスグレードなら12/1まで19,900円だ。差額は5千円強。新しいDAWの導入費用としてはお得だ。

とにかくStudio Oneは評判がいいし、よし、Studio Oneに決定だ!

そう決めかけたとき、逆の結論が急に降ってきた。

このままReasonを使い続けよう。たぶんバージョンアップして。

その理由はこうだ。

1.基本性能
そもそも、僕はReasonの素晴らしい性能を使いこなせているわけではない。
Reasonの音質には問題などなく、自分のマスタリングがヘタクソなだけなのだ。
だからStudio Oneがどんなに素晴らしくとも、きっと出来上がりの音質に変わりはないだろう──と。
そもそも、Reasonのミキサーだって「世界のプロ標準」SSLを再現したものだって言うしね!

それに、バージョンが2.6も変わっていれば、きっと内部的にもかなり手が入っているはず。基本的な音質も向上している可能性があるのではないか、と(比較出来ないのでまったく分からないけど)。

2.ピッチ補正
Studio Oneに入っているピッチ補正プラグインのMelodyneはサードパーティーの製品で、しかも完全版ではない。Reasonのピッチ補正は完全なビルトインだ(Melodyneは世界最高レベルのピッチ補正ソフトらしいけれど)。
Propellerhead社のビデオを見る限り、Reasonのピッチ補正も極めて自然な音質レベルに仕上がっていて、何でもかんでもケロ声になってしまうような一昔前のものとは一線を画しているようだ。

3.慣れと使い勝手
実は、Studio Oneが登場した頃に一回だけデモ版を入れたことがある。デモ期限が過ぎればフリーの機能限定版として使えるやつだ。
でも、結局何かの曲を形にするまでには到らなかった。ちゃんとチュートリアルなどで学べば良かったんだろうけど、そこまで時間をかけられなかったし、Reasonは本当に感覚的に覚えられたから、そこまでやる気力も湧かなかった。

ちなみに、廉価ソフトでPodiumというDAWがある(Win版のみ)。これをしばらく使ったことがあるのだけど、「あんまり使いやすくない」ということをネット情報で読んだにも関わらず、非常に直感的なインターフェイスで、一日掛からずに大抵の機能は飲みこめた。Studio Oneを使ってみたときは、そういうわけにはいかなかったんだよね、残念ながら。

4.データの互換性
これも結構大きい。
これまでReasonを15年も愛用しているので、作成したファイルは何百点にもおよぶ。これらがいつか使えなくなってしまう可能性を考えると大問題だ(完成させた曲の元データをいつまでも使える必要はないだろうという話は置いといてw)。
もちろん、今使っているバージョンがいつまでも使えればいいのだけれど、OSはどんどん変わっていくから、いずれ起動しなくなってしまうこともあるだろう。
Reasonより前に愛用していたSteinbergのCubaseでそれを経験したので、同じ過ちを繰り返したくないのだ。
当時はMacがOSXへの移行時期だったり、CPUがインテルに変更されたりという大きな変化があったせいで、大昔のCubaseは一切起動しなくなってしまったということが大きかった(そもそもライセンス認証にフロッピーディスクが必要だった)。
それと今の状況は全然違うけれど、先のことは誰も分からない。


そんなことで、今年もせっかくのBlack Friday & Cyber Mondayセールを見送ることに決定した優柔不断なアワナミでしたよ。

じゃ、また明晩!

CG画集を作っているのですが……

とはいえ、まだいまひとつゴールが見えていない状況で。
どんどん画像を作成したはいいものの、Amazonの「絵本・コミック」などを出版するときのやりかたでやるのだろうと思っていた程度で、実際出版用にどんなデータを用意すればいいのかも分かっていない状況なのですよね。
今までは文字ベース(+挿し絵程度)のものしか出版したことがないので。

文字ベースではないKindle本を作成するツールとしては、
「Kindle Textbook Creator」
「Kindle Kids’ Book Creator」
「Kindle Comic Creator」
という3種類のツールが用意されているらしいのですが、どうやらいずれもPDFをベースにして編集するもののよう。

Textbook〜は文字通り教科書用のツールで、音やビデオなどもKindleアプリ内で再生出来ると書いてあります。でも、iOSは対象外。それはないよなあ。まあ、そんなリッチな本を作るつもりもないのでパス。
Comic〜は全面画像の本が対象のようなので、Kids’ Book Creatorをまずダウンロードしてみました。

Kids’ Book Creatorをインストールして起動すると、日本語表示で「新しい児童書を作成」などと書かれています。
画面デザインもかわいくて、なかなかいい感じです。

かわいらしい起動画面
かわいらしい起動画面

ほう、日本語で出来るんだ! と思って、初期画面に出ている説明を読み進めます。
じゃあ早速作ってみようと思って、わくわくしながら次のページへ。

言語の選択肢に……
あれれ、言語の選択肢に……

日本語がないんです。
これ、全面画像の本なら良いのでしょうが、そういうわけにもいきませんよね……。

また、Kids’ Bookは、画面をタップするとポップアップ・テキストを出せるのが特長のようです。
日本語が出せるのかどうか調べてはいませんが、まあそれも、今回は必要なさそう。

ここで、振り出しに戻ります。

CGさえ出来てしまえば楽勝! と思っていたのですが、まあ何ともぐだぐだな感じです。

PDFベースなら、まずはワープロ上でレイアウトして、書き出せばいいんだよな、と思ってMacの標準ワープロであるPagesを開いて、そこで自分の動きが止まりました。
そもそも、執筆にはエディタHagoromoを使っているし、Pagesを使ったことがない!
基本操作もままならないわけで……笑。

本作りは置いておいて、取りあえずCGの完成度を上げる方向に気持ちをシフトさせていった僕なのでした。

さて、どうなることやら……

続く!

epubの中身を編集するときは?

これまで、epubの中身を編集するときはEtre Zip(MacOSの場合)が良いとお勧めしてきた。でも、最近は考え方が変わっているのでその辺りのことを書いておかなくちゃと。

以前の考え方はこう。

・epubは無圧縮のzipパッケージだから、圧縮解凍のソフトを使うより、解凍しないで中身を直接いじれた方が便利。

それが、こう変わってきた。

・中身をいじれば多かれ少なかれエラーが発生してしまうことが多い。その場合はすぐに気がついて直さないと、後で取り返しがつかなくなる。だから、ちょっと編集する度にepub Validationを掛けたほうがいい。
だから、結局のところは「中身」と「epub」ファイルの履歴を追いやすいように、「展開・編集・再epub化」の工程を毎回踏んだほうが間違いが減る。

そこで、最近は愛用しているのがこれ。
epub packager(MacOS向け)」

Windows向けではePubPackというフリーでオープンソースのソフトがある。僕は使ったことがないし、ご利用は自己責任にて(評価は高いようですよ)。でも、展開のほうの機能が見当たらないかな? もしかすると、普通の圧縮展開ソフトのほうが便利だったりするかもしれない(epubのパッケージは無圧縮のzipで、拡張子が異なるだけだったかと。無圧縮でパッケージ化するzip関連のソフトはいくつかあるようだし)

で、このepub packagerの優れたポイントは、epubを再パッケージする度、自動的にepub Validationを掛けてくれること。エラーが出なければそのまま編集を続ければ良いし、エラーになったら「Epub Validator」のサイトで詳細をチェックし、エラー箇所を特定して修正する。
エラーが消えてから、次の修正ポイントへ。
という流れだ。

展開するにはepubファイルをこの画面にドロップするだけ。再パッケージするにはフォルダをドロップするだけ。の簡単仕様。

 

以前のやり方だと、納得するまで手を入れ、まとめてepubチェック。epubファイルを「Epub Validator」のサイトにアップするのも少々時間が掛かったりするから、あまり頻繁にはやっていられない。

だから、そこで吐き出されるエラーはいつも、膨大な量だった。
そのエラーを1つずつ潰すのもまたマゾヒスティックな楽しみだったりして……いやいや、そんなことはない。
単なる苦しみだった。
その分、「Epub Validator」上でCongratulations!(この記事のトップにある画像!)が表示されるとすごく嬉しかったりしたのだけれど。
もちろん、単なるpタグの閉じ忘れたった1つが何百ものエラーを生むことも多い。⇒そういうエラーは1つ直すと一気に消える。それはそれで快感……笑。

最近はね、もうepub packagerの「OK」表示をけっこう信頼している。これでOKが出ていれば、まず「Epub Validator」からエラーが返ってくることはない。ただし、ここで使用されているEpubCheckのバージョンは少しだけ古いから盲目に信じるわけにもいかない。最終的には「Epub Validator」でチェックすることが必須なので、これはお忘れなく。

さて、今日はこんな感じかな。

もしかして、誰かの役に立てたりするかも?

ねえ、『えあ草紙』は凄いぞっ!

『えあ草紙ブックマークレット』がカクヨムに対応したということで、遅ればせながら僕もインストールしてみた。
インストールといっても、ブラウザのブックマークバーにリンクをドラッグするだけ。拍子抜けするくらい、とっても簡単なのだ。
(インストールはこちらから

カクヨムに昨日から掲載を始めた『ルルルとリリリ』の第一話を表示してみたところが、これ。

1.まず普通にカクヨムのサイト上で表示

普通のWEB表示。明朝体だし左右に余白があり、ちゃんとウィンドウサイズに伴ってリフローされるので、極端に読み辛くはない。
普通のWEB表示。明朝体だし左右に余白があり、ちゃんとウィンドウサイズに伴ってリフローされるので、極端に読み辛くはない。

2.「えあ草紙リーダー」のブックマークをクリック

最初に出るのがこの画面。慌てず、「えあ草紙で読む」をクリックする
最初に出るのがこの画面。慌てず、「えあ草紙で読む」をクリックする。

3.これがえあ草紙の表示。美しい。読みやすい、気が利いてる!

どうですか、この表示の素晴らしさ!
どうですか、この表示の素晴らしさ!

紙の薄さを感じさせるインクの裏写り。ちゃんと実際の裏ページにある文章の裏返しになっている!

こちらの設定画面で細かな表示設定ができるのも気が利いてる!

本文をヒラギノ明朝、見出しを小塚ゴシックにしてみたところ。
本文をヒラギノ明朝、見出しを小塚ゴシックにしてみたところ。

インクの裏写り量まで設定できる、この細かな気配りはもう、マニアの域!
(だって、「前後の枚数の違いを影で表現」って、やり過ぎでしょ。言い意味でw)

基本的にはMacで読書することはないので、今までは使ったことがなかったんだ。でも、実際使ってみて、その良さに驚いた。これは、Kindleアプリなどの専用ビューアと肩を並べるかそれ以上じゃないか!
(「!」ばっかり!)

これ、Flashを用いているので、PCだけじゃなくAndroidにも対応してるそうですよ。つまり、iOS以外なら大抵何でもオッケーということ。

どうですか、皆様ぜひ!

じゃあまた、明晩!!

(この記事が、いつか誰かの役に立ちますように!)

ようやく(?)Hagoromoを導入!

Hagoromo
Hagoromo

Macでの執筆環境についてずっと調査・研究(大げさ!)を続けてきましたが、とうとう、これぞ決定版! に近い選択肢を見つけました。Artman21さんが発売しているエディタ、「Hagoromo(はごろも)」です。

以前、KDP作家仲間のさんからご紹介いただいたのですが、一連の短編集はずっと同じ環境で執筆するべきだろうと思ったため、まだちゃんと調べていませんでした。

ところが、短編前々作である『段ボール箱の中の人形』の無料キャンペーンにおいて、iOSで読めない、DLできないという大失態を犯し、もう少しエラーを招かない方法はないかと再度考え始めていました。しかも、そのエラーを修正して臨んだ二回目の無料キャンペーンにおいて、またも一部のiOSで読めないという問題が発生。元になるePubはこれまでに出版したものと全く同じ構造になっているため、今回は原因も分からずじまい……。

今後も同じような事態を引き起こすわけにはいかないため、いったんHagoromoを研究してみることにしました。何しろ、今まで考えてきた日本語執筆環境に必要な下記の要素が全て盛り込まれていますから。

・縦書き
・ルビ
・傍点(圏点)
・縦中横
・ePub書き出し

広橋さんからは、圏点やルビの書き出しにエラーがあるとお聞きしていましたが、2/16のアップデート版で解決しているのかもしれません。僕が少し試した限りでは、いずれも問題はありませんでした。
<3/10追記:現在のバージョンにはまだバグがあるそうです。バグフィックス済みの新バージョンは、本日現在アップルの審査中だそうで、もうすぐ改訂版が出るようですよ!>

そこで早速、書きかけの短編第九話の途中から、執筆環境を切り替えてみました。

さて、今日はここで時間切れ。残りは次回をお楽しみに!

この記事が、いつか誰かの役に立ちますように!

Plain Textがアップデート

Plain Text 2
Plain Text 2

iOS用のシンプルなテキスト入力アプリPlain Textが、いつの間にかメジャーアップデートされてPlain Text 2 になっていました。
先週Mac側でフォルダ構造をいじってしまったせいか、Plain Textがまともに起動しなくなってしまっていたので、2をインストールし直しました。(別アプリなんですね)

くわしい使い方はApp Bankさんで紹介されていますので、こちらをどうぞ。App Bankさんの解説によると、開発元が変わって違うアプリになったとのこと。これまで有料だった拡張キーボード機能は、標準でついています。
このアプリ、基本的には英語圏のためのもの。日本語入力と表示に不自由はありませんが、フォントの選択は英語フォントのみ、拡張キーボードで出てくる〈よく使うキー〉は、半角英語モード。
「.」「,」「!」は全角で打ちたいので、最初は拡張キーボード機能をオフにしていました。画面も狭くなりますし。
使い慣れた頃、試しに拡張キーボードをオンにしてみると、あ、これ便利! と気付きました。入力効率がグッと上がります。
適度にテキストを打った後はMacで文章を調整するので、その時に日本語文字に一括置換すればいいんです。

発売中の短編第4話『可愛くてしかたがない!』の入力画面
発売中の短編第4話『可愛くてしかたがない!』の入力画面

フォルダで分類して文書を管理する機能はバージョン1と変わらず便利です。Remove adsも購入し(300円)、快適な作業環境を再び手に入れました。
文字数カウントが常に画面右上に表示されているのもいいですね。ついつい文字数を確認してしまう余計な作業に時間が取られませんし。

ちなみに、アップデートしたくない方は、開かなくなってしまった場合の対処法がこちらにあるようです。(英語)

さて、この記事が、いつか誰かの役に立ちますように!

Scrivenerに出会った!

Scrivener
Scrivener

本日の朝日新聞朝刊に、あの藤井太洋さんが執筆に使用しているソフトウエアとして、Scrivenerが紹介されていました。UIとしては横書きのようですが、プロの執筆用支援ソフトということで、作家の方に広がりつつあるようです。
僕もその名前はSeanwes Podcastで紹介があったので知っていて、米国では非常に人気のある優れものだという認識はあったのですが、まさか日本語環境でちゃんと使えるものだとは思ってもいませんでした。せめて調べてみれば良かったな。
反省。
機能紹介を見ていると、「電子書籍(Kindle、PDFなど)の作成」までもサポートされているではありませんか!
ひょっとして今までの苦労が……。

まずは評価版をダウンロード&インストールしました。

こちらのページの下に、日本語化ファイルがあります。対応バージョンが2.5なので、最新の2.6に対応しているかどうかはまだ不明です。近日中に調べましょう。

プロが使うツールなので、無料ではありません。気になるお値段は?
Mac版は$45です。お安いですね!

しかしある解説サイトには、下記のような注意も。

・電子書籍のパブリッシングも完璧とは言いがたい
・Sceivenerが得意とするのは、「アイデアや資料の整理」「文章構成の見直し」
・文章の種類によりますが、プロットの作成から下書き(第一稿)まで、が限界でしょうか。
こちらから引用いたしました。どうもありがとうございます。

インストールと使い始め方、日本語サンプル文章については、こちらのサイトに詳しく書かれています。

サンプルファイルを開いてみた限り、日本語化ファイルを当てなくとも、まずは日本語できちんと表示されています。

Scrivener画面
Scrivener画面

 

ざっと見た感じ、「アウトラインプロセッサ+エディタ+校正支援」というイメージでしょうか。これまで僕が頭に描いて来た「日本語執筆環境=最終的な本の見栄えに極力近い」というものとはかなりかけ離れています。

さて、今朝は時間切れ&お腹いっぱい。30日の評価期限まで時間はたっぷりありますので、今後ゆっくり見て行きましょう。

この記事がいつか、誰かの役に立ちますように!
1/10追記:
残念。あれやこれや年末年始の忙しさにかまけている間に、評価期間が終わってしまいました。
結局、あれから一度も起動しないままでした。レビューを待って下さっていた方、誠に申し訳ないです。
ただ、アイデア整理やプロットの構築に非常に強力な武器になると思いますので、また機会があれば試してみたいと思っています。

RTFについて

9月27日のワードプロセッサーについて書いた記事について、 少々追記します。

rtfを「どんなワープロにでも持って行ける」と書きましたが、そうでもないのですね。名前の通り、Rich Text Format(書式付きテキスト)なので、かなり高い互換性を持っていると思っていました。
それはそれで正しいのですが、実はこれ、Microsoftのフォーマット。仕様が結構変遷していて、バージョン違いも世間に相当混在しているようで、RTF形式を吐き出すワープロソフト間でも意外に互換性の保証がなかったりします。

これに気づいたのは、Windowsのワードパッド(Winに最初から付いているあれです)で文章を書いて、それに画像を貼り付けたものを別の環境に持って行った時でした。

まず、別のPCのワードパッドで開いたところ、中身が空っぽでした。ファイル容量は10MB以上もあるのに! です。
仕方がないので、それをOpenOfficeのWriterに持って行きました。(Microsoft Wordのない環境だったので)
抜けなく内容は変換されたのですが、書式は崩れます。かなり苦労して編集し直した記憶があります。

次に、悪名高きゴミファイル、Winmail.dat問題です。
OutlookなどのWinメーラーで書式付きのメールを送ると、自動的に添付されてしまう、あれです。
ある人から、このデータが開けず困っていると相談がありました。家庭ではMac環境なので、当然こちらでも開けません。Google先生に尋ねると、どうもこのファイルの中身はRTFのようなのです。拡張子が違いますし、全く同じものではないのですが、RTFなら、と思って拡張子を取りあえずRTFに変え、色々なワープロ、エディターで開こうと試みました。
ところが、全く開きません。AppleのPagesでは読み込みをサポートしていなかったりします。
どうしてかな?(いや、正確にはRTFではないので開かなくて当然なんですが)と思い、またGoogle先生に尋ねて、初めてRTFがMac環境では必ずしも標準的なフォーマットではない、ということを知りました。
愛用しているiText ProではRTFを採用しているので、疑問を持っていなかったのですね。

Winmail.datについては別の専用ソフト(フリー)があって開くことが出来て解決ましたが、RTFの互換性にはちょっと不安の火がが灯りました…。

Windows環境では一応、書式付きテキストの標準的なフォーマットですし、Macでも標準のテキストエディットをはじめ、Jeditなどの有名エディターソフトでも普通に扱えますので、選択肢としては独自フォーマットよりはずっと汎用性が高いと思います。

ただ、その互換性は完全ではない、という話。書式自体にはこだわりがなく、内容がなくなると絶対に困る文章ファイルの場合、プレーンテキストで念のためバックアップを取っておいたほうが安心ですね。

さて、この記事がいつか誰かの役に立ちますように!

Mischiefが起動しなくなったら?

Mischiefで描いたイラストは拡大自在!
Mischiefで描いたイラストは拡大自在!

ベクターベースのお絵描きソフト、Mischief。その面白さはこちらの動画でも簡単に紹介しましたが、最近バージョンアップした方、起動しなくなってしまっていませんか?
MadeWithMischiefのサイトに解決方法がありました。簡単にご紹介。
基本的には初期設定ファイルが悪さをしているということなので、それを見つけて消せばOK。

■Mac版でApp Storeから購入した場合:
・[自分のユーザーアカウントフォルダ]/ライブラリ/Containters を開く
・中にある「com.madewithmischief.mischief」フォルダを削除
これで、起動出来るようになります。
なお、ライブラリ・フォルダが見つからない場合は、下記の手順で。

finder表示メニューから「表示オプションを表示」を選択
finder表示メニューから「表示オプションを表示」を選択
ライブラリ・フォルダの表示
一番下の「ライブラリ・フォルダの表示」にチェック

 

■Mac版でMadeWithMischiefサイトからDL購入の場合:
・[自分のユーザーアカウントフォルダ]/ライブラリ/Application Support を開く
・中にある「MadeWithMischief」フォルダを削除
これで、起動出来るようになります。
なお、ライブラリ・フォルダが見つからない場合は、上述の手順で。

■Windowsの場合:

・C:\Users\[自分のユーザーアカウント]\AppData\Roaming\ を開く
・中にある「MadeWithMischief」フォルダを削除
これで、起動出来るようになります。
なお、AppDataフォルダが見つからない場合は、隠しファイルを表示させましょう。(手元にWindowsがないので、細かい手順は省かせて下さい…)

この記事が、いつか誰かの役に立ちますように!