残しておきたいツイート

今日はこんなツイートから。

1.

良い言葉でしょー?

2.

こんな風に思ってもらえる物語を、紡いでいきたいもの。ですねえ。

3.

読者がいなければ、作家も存在できない。
読者のことを考えなければ、作家であるとは言えない──?

4.

こんな話題で盛り上がったことがありました。
結局、『ケプラーズ5213』の表紙の真ん中にある円窓の中に小さくケイト・シルバーバーグを入れるに留まりましたが……もちろん、売上げへの好影響はありません!
(まあ、いわゆる美少女表紙とはあまりに違いますし、ね)

そういえば、『太陽の子孫』の初版は一応美少女でしたね。ただ、絵が可愛くないので実際全然売れず、こちらもいつもの感じに戻しましたが。
経緯はここに(笑。

5.

師匠。
《魔法を使える》という言葉を、創作するとか、作品を生み出すとか読み替えると、勇気をもらえる。

6.

まず、面白い作品を生み出すこと。
面白い物語を思いついた時に、それを表現し得る力を蓄えておくこと。
それから、それからだ。

7.

(こちらのツイートは埋込めなかったので、キャプチャ画像です)
(こちらのツイートは埋込めなかったので、キャプチャ画像です)

例えば朗読したときを想定したリズム、息継ぎ、いかに滑らかに視線を動かせるか。
そんなことを、僕も考えて書いています。
とても、大事なことだと思う。

8.

リズム、っていろいろある。
理解のリズム。これは文章の構造に大きく関わることですよね。
プロットを小説に落としはじめる時、ここをしっかり練っておかないとバランスが崩れてリズムが作れなくなる。
気を付けなければ!

9.

これは絵に関するツイートですが、小説にも当てはまりますよねえ。
リアルをどれだけ歪曲するか、想像と空想が事実をどれだけねじ曲げられるか、どこまでリアルを保てば読者さんがついて来れるか?
日々、精進。

10.

今晩の最後は硬派に。

考える。

じゃ、また明晩!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>