cover

【再放送連載2周目】『さよなら、ロボット』第7話「行進」

本作の無料公開期間は終了しています。現在はAmazon専売となっていますため、連載本文も『お試し読みとしての第1話』に差し替えさせていただきました。ご了承下さい

淡波作品の入り口として無料開放中(2017.4月現在)の本作『さよなら、ロボット』ですが、今月もまた無料本の中で1番人気です。
(これを書いている時点で、ランキングでは『孤独の王 第一部:かけら』に抜かれていますが、ダウンロード数では1番ですねえ)
「再放送2周目」と題して連載しているこのシリーズ、お楽しみいただいてますでしょうか?

もしも第1回を見逃してしまったあなたのために、こちらにリンクを張りますね!
第1話『シード』
(このページのタグクラウドで「さよなら、ロボット」をクリックすれば、連載を辿れますよ)

前回は、人類保護法とロボットの現代史についてのエピソードでしたね。

第7話の「行進」では、姿を消したロボットたちの行方と、不可解な行動にフォーカスします。

先週のお話は、こんな終わりかたでした。

狂騒の十年は、ある意味で人間の精神を一気に変革、或いは成熟させたと言っても良いのではないだろうか。あの、暗愚な十年を知らない世代が何を望み出すかは分からない。だが、俺にはジャーナリストとして、その記憶を風化させない義務があるのだ。

では、続きをどうぞー。

第7話『行進』
『さよなら、ロボット』第7話

BiB/iの表示に不具合のある方用のPDFは、こちらです!
第7話『行進』(PDF版は、書式などが若干異なることがあります。ご了承下さい)


いかがでしたか?

次回は第8話の『陽動』です。
是非、またおいでくださいね!


この物語は、毎週木曜日に1話ずつ掲載します。


もう待ちきれない!
というあなたは、Amazon Kindle Storeに急ぎましょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>