シンチョク0806

まずは今週の進捗から。
『魔女と王様』の執筆は、現在ここです(ゴールが提示されていない「ここ」に意味はないんですが)。

スクリーンショット 2016-08-05 21.59.23

念のため、初めてここに来てくださった方のために簡単に解説を。

ここ淡波ログでの連載から始まった『とっても小さな九つの国』という三部作の第三部です。第一部の『フックフックのエビネルさんとトッカトッカのカニエスさん』、第二部の『ルルルとリリリ』(上下巻)は、それぞれAmazon Kindle Storeと楽天KOBO電子書籍ストアにて発売中です。

『魔女と王様』のボリュームですが、とうとう原稿用紙換算で200枚を超えてしまいました。100〜150枚程度の短い作品になるという予定はどこへ行ってしまったのやら……。
まあ、今回はプロットもきちんと書かず、初期設定だけ作ってスタートしましたからね──。
今回は、登場人物たちと一緒に動きながらでないと、お話の先が見えてこないような書き方でした。でした、と言ってもまだ終わっていないのですが。
既に終わった二つのお話の50年前の物語ですから、結末はもう決まっています。変えようがありません。そこへ向かって一直線に書けばいいわけだし、物語の中で起こるいろいろな出来事もだいたい決まっていましたから、苦労はあまりないような感じでもあるのですが、どうも考えていた構造が非常に《冷たい》というか、《出来事の集まりに過ぎなかった》というか、どうも作者が思うようには登場人物たちが行動してくれないのです。

童話を書いていると、人物たちの動機付けが結構難しいことに気付いたりします。あまり激しく感情を揺らしてしまうと、どうにも《お伽噺》のほんわかした雰囲気が壊れてしまい、半端なファンタジーのようになってしまいそうになります。
だからと言って、動機もない行動をさせるわけにも行かず、そのあたりのバランス感覚って難しいものですねえ……。

今週も、勢いにまかせて書いているうちに、当初の想定とは全く違う場所に着地してしまい。主人公が困ってしまったことがありました。うわあ、と思いながら時間を巻き戻し、ちゃんと世界が回り続けるように書き直したのは言うまでもありません。

そんな風にして、彼ら彼女らをなだめすかしながら、どうにかこうにかクライマックスまで書き終えました。恐らくは、あと1話か2話で終わろうとしているところなのではないかと思っています。
いよいよ本当にあと数枚、という感じになってきましたよ!

で、さて、その後ですよね、問題は。

今回のお話もこの淡波ログにて連載したいと思っているのですが、さて、どんなスパンで掲載しようか、悩んでいます。

『フックフックのエビネルさんとトッカトッカのカニエスさん』は毎日連載、『ルルルとリリリ』は毎日連載で始め、途中からは週一回の四話ずつに変更しました。
果たしてどちらが読みやすいのか、次を続けやすいのか、難しいところです。

一日あたりの量が少ない方が読む負担は減りますが、毎日ここへ来るのも面倒。
かといって、週一回でまとまった量だと、ちょっと多くて足が遠のいたり──。

自分自身が読者として経験していることで言うと、まあ、どっちでもいい。
面白ければ読むんですよね。はは。

例えば、王木亡一朗さんの『Our Numbered Days』(電子書籍化されていますが、連載時と同じものをnoteでも読むことが出来ますね)の場合は、週一回の連載。一回あたりの文字数は10,000字前後。原稿用紙にすると、30枚ほどでしょうか。WEBで読む連載としては結構な量です。
仕事で疲れた夜には電車で読むのが辛い分量でしたが、挫折せず、毎回楽しみに読めました。ちょっとだけ貯めてしまったこともありましたが。

そして、今楽しんでいる山田佳江さんの『アンフォールドザワールド』。こちらはカクヨムでの連載です。第16話の文字数を数えると2,177文字。原稿用紙7〜8枚です。これは、ほぼ毎日電車でさっと読むのにちょうどいい長さですよね。短すぎて物足りないということもなく、疲れていても負担になることのない文章量。

『ルルルとリリリ』の後半、週一回の連載で載せていたのは、毎回四話分、4,000〜5,000程度です。まあ、長すぎず、短すぎず、良かったのでしょうか……しかし、週一回としては少し物足りなかったかもしれないかな。

うーむ。
ということで悩みは尽きず、昨夜、とうとうツイッターで投票ツイートを上げてしまいました。
この記事が公開される時間はまだ、投票時間が終わっていないので、もし良かったら、、。

ま、今、こんな感じです。

さてさて、どんな結果が出るでしょうか?

じゃ、また明晩!




初の連載小説にしてほんわかしたお伽話『フックフックのエビネルさんとトッカトッカのカニエスさん』。
大変好評を戴いた物語はそのままに、新たに描き下ろしの挿し絵を加えた電子書籍版です。




本作は、ほんわかとしたお伽噺『フックフックのエビネルさんとトッカトッカのカニエスさん』の五年後のお話。著者ブログに連載されたものに加筆修正し、全話の扉に描き下ろしの挿し絵を加えました。挿し絵の数は上下巻合わせてなんと93点!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>