WordPress

ブログをWordPressで始めました。

定期的に何かを更新して、来てくれた方の反応を知る方法として、ブログが最適なのかな、ということに最近やっと思い至ったのです。遅すぎですが…。

ブログツールと言えばWordPressが有名。この際挑戦してみましょうか、ということになりました。

さて、まずはインストールからだな、と思い、WordPressの日本語サイトを調べました。

ほほう、「有名な5分間インストール」などと書いてあるじゃありませんか!

どれどれ。

こりゃあいかん。5分どころか、これじゃ5日かかっても分からんぞ。

どういうことか、というと、MySQLだ、PHPだ、秘密鍵用のパスワードだ、と、専門用語がずらりと並んでいる。これを知っていて常識だと言う人は、相当ITに偏っているのではないか。これから初めてブログを始めたいと思った人が、こんな用語に親しんでいる訳はない。(一応、大体何のことなのかは分かりますが、それを「どうにかしろ」、と言われてもね…)

最新版をダウンロードして解凍したのはいいけれど、その先が分からないまま諦めました。自分で運営している自分のサイトにWordPressをインストールしたい人がみな、ITやWEBの専門家では決してないのですものね。

で、ふと思い出したのが、このサイトを載せているレンタルサーバー、「お名前.com」のサービスでWordPressインストールってのがあった。ということ。

技術的な用語への理解は一つも必要でなく、それこそ1分でインストールが完了しました。良かった良かった。

さて、記事を何か書いてみようと思いましたが、今度はどうやって記事を管理したり区分したりするのかが分からない。ですが、これは別に技術的な話ではなく、単に使い方を知らないだけなので、「WordPress Tutorial Video」などでググりました。

出てくる出てくる、山のように情報が!

選んだのがこのサイト。

http://www.wpbeginner.com/

数分程度の初心者用ビデオがてんこ盛り。1本あたり1つのトピックで、非常に分かりやすい。言葉は英語ですが、喋り方もゆっくりで丁寧なので、英語は全くダメ、という人でなければOKなのではないかな。(ユーザー登録をする必要がありますが、ログインしてビデオのページに行くと、ずらりとビデオのリストがあります)

これから、少しずつ勉強して行きますよ。

夏目漱石

最近になって、夏目漱石を読んでいます。難しい、取っ付きにくい、読みづらいと考えがちですが、ユーモアと深みのバランスが素晴らしく、古い文体でも決して読みづらい感じはしませんね。ただ、難読熟語が多かったり、辞書にも載っていない表現が多々あります。すべて理解しようとは思わず、味わえるところだけ、じっくり味わおうかな、と思っています。

【読了した本】

・草枕

・夢十夜

・吾輩は猫である

・こころ

・門

・倫敦塔

【読書中の本】

・創作家の態度

淡波亮作の作り方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。