MAC日本語縦書き環境-続編-

Nisus Writerデモをインストール。あちこち覗いてみました。大変高機能な模様で、メニュー項目が多いです。ところが、15分くらいかけて全メニューを見ても「縦書き」「傍点」「ルビ」と小説を書くために重要な三機能がまったく見当たりません!
駄目かも…。
週末もう少し見てみますが、小説執筆向きではないかもしれません。図形描画やテキストボックス、リスト、表作成など、UIはまるで違いますが、何か「あの」ワープロに近い印象です。デフォルト状態でヘッダとフッタ領域が表示されていたり、おせっかいな雰囲気がちらほら。
エディタ表示があって、入力はサクサクいけそうですが、それだけではね…。

今回は短いです。

この記事が、いつか誰かの役に立ちますように。(無理)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>