カテゴリー別アーカイブ: ツイートまとめ

残しておきたいツイート

こんばんは!

今晩はこんなツイートから!

1.

まさに、保存版!
ライターで小説家のElizabeth GilbertさんのTEDトークです。
再生1,200万回オーバーなので、見たことがあるひともいると思います。
英語ですが、字幕がしっかり付いていますので!

動画が始まると広告が入りますが、そこから先に上手く進めない場合はトップページにあるダウンロードボタンから動画をダウンロードすると良いかと思います。

2.

ぼくらは自分の言葉で、伝え続けるんだ。

3.

創作こそが私の家!
そう、そうとしか言いようがないんだ!

4.

小説を読むという経験にも、自分の想像力を通して同じ効果があるのではないかと、思うのです。
想像力を、通して。

5.

想像力。

6.

好きだな、こういう発想の転換。

7.

前へ、前へ!

8.

すべてに完璧を求めちゃいけないんだ。
7.みたいに、一コマでいいから挑戦する姿勢、それが大事なんだね。

9.

あ、これ忘れてた。
Macが遅くなったときやるといいみたいです。

10.

コンピューターが書いていない昔の小説は、、、
という時代が、まだまだ来ないといいんだけどな。
コンピューターに駆逐されない想像力と空想力、それから表現力を、身につけておかなきゃ!

今夜はこれまで。

じゃ、また明晩!

残しておきたいツイート

こんばんは!

こんばんはこんなツイートから。

1.

そうですよね。上手いですね。
そうやって読者さんとWinWinで品質を上げて、関係性も広げられるかもしれません。
真似したいなあ。

2.

いや、その……。
ちょうどね、今も毎日のようにラミーを食べてるんですよね。
今となってはなぜこの本を関連付けてるのかが分からないのですが、まあ、気になった方は読んでみてくださいませ(笑

3.

「面白い!」
って言われないと、読者さんは引いちゃいますよね。
という話。
自信なさげに、
「つまんないかもしれないけど、一生懸命書いたので読んでくださいね……」
そんな態度じゃダメなんだから!
まずは自分で「面白い!」と思える物語を読者さんに伝えたいものです!

4.

そうです。
恥ずかしいとか言って引っ込んでいる場合ではありません。
読まれたいなら、届ける努力を!

5.

師匠!
いい言葉だなあ。

6.

先週に続き、また小池さん。
名言続きですが。

7.

読むことももちろん大事だけど、書くこと、どんどん書くことの大切さを、またまた思い出させてくれるツイート。

8.

PPAPみたいな例外もあるし、最近は何が起こるか分からないけど、やっぱり自分をちゃんと理解して欲しいという気持ちをちゃんと表現できないとダメなのだ。
拾って欲しいというより、拾わせてやるぞ、という気概がないとね。

9.

運は、自分でつかみ取るものなんだ!

10.

また小池さんになっちゃいましたけど、いい写真ですよね。
なんというか、自分も豊かな心になれる気がする。

じゃ、今夜はこれで!

残しておきたいツイート

さて、今夜はこんなツイートから。

1.

この頃、ずいぶんこの方のツイートを読んでいました。
本も出ているのですよね。

2.

これは自分用に残しておきたいというより、まだご存知のない方にお知らせしたい!
というツイートですね。

3.

自分でも忘れているんですがね、こちらの作品ページには短編集の試し読みがたくさんあるのですよ……。

4.

整理する必要があるほど買われている人気者もセルパブ界にはそうそういないとは思いますが、たまにはちゃんとエゴサーチして、読んでくださった方にお礼を言わなきゃいけませんよねえ。

5.

なんかいい言葉だなあと思ったら、僕への言葉でした(笑
いつも書き始める前は「計画を立てよう」と思うのですが、どうもしっかり計画を立てて書くのは苦手のようです。。

6.

てへ。
時々こうやって自分をなぐさめるツイートを残しておくわけです。

7.

師匠!
僕らは自由だ。
セルパブ作家は、商業作家より自由だ。
(負け惜しみではない、と、言っておきましょう)

8.

自由で、そしてインモラルなのだ!

9.

そして、突き抜けよう!

10.

そう、自由なんだ!

じゃ、今夜はこんなところで。

また明晩!

残しておきたいツイート

さて、平常運転でいきますよ!

今夜はこんなツイートから。

1.

おお、新年初まとめらしいステキな情報じゃないか!
と自画自賛。

2.

ふむふむ。
なんだかんだ言っても、技術ってのは大事なんですよ、ね。

3.

発想の転換、的な。
技術+発想=面白い作品!

4.

常識を疑うことも、発想の転換の入り口ではないか。

5.

ある価値観の対極にある価値観。
いろいろあって、価値判断も様々。

6.

最後まで読んでもらえるもの、読みたいと思えるものを生み出してゆきたい。

7.

8.

コメント無用、か。

9.

「馬鹿」を「無知」に置き換えるといい、とか、
「自分は間違っているかもしれない」と考えるといい、とか、
多くの方の思考を刺激した名ツイート。
いや、名言。

10.

なんだろう、何故だか沁みるなあ、これ。

じゃ、また明晩!

残しておきたいツイート

そろそろ年末も近づき、このシリーズも52回目を迎えていますので、一年間のまとめをやってもいいんじゃないかという気持ちもありました。
でも、やりません。
だって気がついちゃったんですよ、このまとめは過去のツイートを掘り出してくる企画ですから、2016年の総括にはなり得ないのです。

2015年のツイートを総括するのも、ちょっと間抜けですしねえ。

ということで、いつも通りにいきます!

1.

いきなり渋いツイートです。
これ、エンブレムの盗作問題でいろいろ揺れていた頃のものですね。
世の中からの「デザイン」に対する評価がぐらぐらしていた頃。

今はどうだろうかな?
もう、みんな忘れちゃってるだろうな、あの頃デザインのことをぼろくそに思ってたひと自身も。

2.

これ、宣伝なんだけど、なかなか面白い手法だと評判(てほどでもないけど)になったやつですね。
どうも、すっかりこういうことを忘れてしまうので、こういうところに残さないと、ねえ。

3.

ほんとうにそうなのかな?
という自分もいる。
でも、売れている人が実感していることに間違いはないのだろうなあとも思う。
もちろん、セルパブ作品の宣伝をするのは自分なのだから、自分しか頼りになるものはないのだから、自然に読み手が増えるなんてことは微塵も思っていないけれど。
「評価されるように書く」というのも悪い意味ではなくて、そういうテクニックというのは絶対に必要だと、それは自分としても実感として思う。
それは、そうなんだ。

4.

もはやこのツイートのきっかけが何だったか忘れてしまいましたが。

5.

ファンタジーだなあ。

6.

手前みそですが、これも。

7.

あああ、済みません。
季節感もなにもあったもんじゃないし。

8.

いきなり激しいですね。
でも、すごく共感出来る。

9.

アワナミ、生意気なこと言ってますね。
でもね、そうなんですよね。デザインするなら、そこを目指さないとという自戒を込めて。

10.

一年の最後にこんなので済みません。
これ、火花と比べても遜色ないって言ってますか?
言ってますよね?

ででん。

じゃ、また明晩!

残しておきたいツイート

さて、51回目を迎えましたこの連載、本日も淡々と残していきますよ。

今日はこんなツイートから。

1.

自分は創作に向いていないと思い込んでいるひとは、やっぱりそういう気持ちが深いところに埋込まれていて、なかなか創作へ気持ちが向かって行かないようですよね。
何かのきっかけで、今までまったく縁のなかった創作を始めるひともいますし、自分では想像もしなかった方向への転換は、想像もしなかった出来事が引っ張ってくるような偶然がないと難しいのかもしれません。

創作をしなければ生きていけないようなタイプの人間にとっては、創作をしなくてもいられるタイプの人間が羨ましかったりすることもあります。
何のためにこんなことを必死でやっているんだろうという疑問が湧いてしまったとき、
「自分はそうしないと生きていけないのだ、それだけなのだ」
と思うしかないのですが、ね。

2.

当時、ちょっと話題になりましたね。
このツイートの続きで、「地元の駅に自作のポスター掲出」というアイデアもありました。
忘れてましたね〜。

3.

最近、この方のツイートをまとめた本が出ましたよね。『ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする300の言葉』

いっとき、いつもこの方のTLを追っていました。勇気をもらえること多数。
それでも、突っかかったり文句を言ったりするひとが結構いることに驚いたり納得したりびびったり。
最近、追ってないなあ。

4.

もひとつ、続きのツイート。

5.

久々の師匠。
大事なことですよね。

6.

ふむふむー。
ぼくはまったく見ないので心配ないんですが。
(ずぶといんじゃなくて、見たら耐えられなくなるのが恐いんですよ)

7.

常に、
「すごくねーよ」
と自分に言い聞かせないと、現実と乖離した根拠のない自信に凝り固まることがありますですよね。
注意注意。ほんと、ぼくなんか何者でもないんですから。
「いろいろやってるひとは何も出来ないひと」
そんな言葉もあります。
とにかく、一球入魂ですわ。ひとつひとつ、丁寧に。

8.

あんなこと(7)書いといて、直後に音楽の宣伝をするはちゃめちゃなメンタリティーこそが、淡波イズムでございます。

9.

この間のオリンピックは、開会式も閉会式も何も観なかったことを思い出しました。
競技はちょこちょこ見ました。スポーツはいいですね。

10.

お、忘れていたいい言葉を発掘。
過去ツイ掘りの醍醐味です。

では、また明晩!

残しておきたいツイート

なんとなんと、このシリーズも今日で50回目です!
よく続いてますねー。今夜も濃いのやら苦しいのやら、いろいろ残しますよ。

寒い夜、こんなツイートから始めましょう。

寒くて寒くて、助けてくれよーって言ってるようじゃあありませんか?

1.

夏の終わりの激しい雨も、冬の寒さとは違う淋しさを運んでくることがあります。

2.

アナログ、手作業、無駄に思える時間。
嘘をつかないこと。
誤魔化さないこと。
楽をしようと思い過ぎないこと。

マジックモーメントは、必ずやってくるんだ!

3.

こういうものを時々見て、脳に発想の転換を促すのだ。
──ね。

4.

こんな大ミス、しかも凡ミスをやらかしていたのだった。
時々、こんなレベルのミスを犯します。
でも、忘れちゃうんですよね、いかんいかん。
最近はこれ級のミスを犯してはいませんけど、自戒せねば。またやっちまうからなあ。

5.

あ、でも何とかなったんだなあ。
データは分散させてあちこちに保存しておきましょう、ね!!

6.

これも、ときどき読んでおかないと。

7.

自戒に近いけど、クリエイティブは魔法だと思ってるひとにも、これは知っておいて欲しかったりする。

8.

『フックフックのエビネルさんとトッカトッカのカニエスさん』は、『とっても小さな九つの国』のシリーズの第一部です。まさか、この頃はこれが三部作になるだなんて考えもしませんでした。
第二部の『ルルルとリリリ』は更に評判が良く、現在連載中の『魔女と王様』は、更にもっと面白いそうですよ!
(本当かな? と思ったら、読んでみることをオススメします。てねw)

9.

ネタバレしても、何度でも楽しめる作品を書きたいものですよねえ。

10.

「芯の通った美意識で多くを選び続けることで、日々は豊かに変わっていく」
matouデザイナー氏の言葉。
いいですねえ!

本日の締めにピッタリ。

では、また明晩!

残しておきたいツイート

今夜はこんなツイートから!

1.

そうですね、そうですね。 読者が求めているのは良い作品。 面白い小説を読みたい、良い小説を読みたい、という気持ちですもの。 それに応えられる作品を生み出さなきゃ、もっと生み出さなきゃ。 (いつもこんなこと言ってる気がしますが) 2.

ちょいと意訳しておきますね。

・ノーと言うことが、クリエーターの時間を生み出す道具なんだ。

・ノーと言わなきゃいけないよ。君が発するイエスの「質」を考えなきゃいけないからね。君が何かにイエスって言うとき、それは何を意味しているんだい?

・イエスと口にするほど、君のイエスには重みがなくなっていくよ。

・ノーと言うのは難しい。イエスって言わなきゃならないと感じたり、誰かを傷つけたくなくてイエスと言ってしまったり、ただ単にノーと言って嫌な気持ちにならないためだけにイエスと言ってしまうから。

・誰だって、誰かをがっかりさせたくないもの。

・ノーと言うことは難しいけれど、創作の時間を生み出すための唯一の道具なんだ。イエスは時間を食いつぶす。決して、時間を生み出してはくれないよ。

・きみが何をしようとも、誰かを失望させることにはなるんだ。

・誰か別の人をがっかりさせたくない? それとも、未来の自分にがっかりされたくないかい?

ね。

3.

夢……。

4.

5.

いつまでも柔軟な心で!
(できれば体も)

6.

いつも、レッドオーシャンでもがきながら。

7.

とても平和なお伽噺を書けたおかげで、現在に続くシリーズになりました。
自分にはこっちの世界が向いている気も、最近しているのですよね。

8.

お伽噺とちょっとエロい大人の話を同時に書いていたのだなあ。と思うと感慨深い(?)

9.

電子書籍は文字数も自由。ページ数も自由。
データ量はちょっと制限があるかもしれないけど、まあ、ほぼ自由ですよね。
書きたいことを書きたいだけ、書きたいように書く。
もちろん、読者さんの心にちゃんと届くものが書けた信じるものにしか値段を付けるべきではないと思いますが。

10.

まあ、そういうことで……。

じゃ、また明晩!

残しておきたいツイート

すっかり寒い今日この頃ですが、先週の雪はほんとうにびっくりしましたねえ。
ホワイトクリスマスだってめったなことではないのに、それより一ヶ月早いのですから。やっぱり地球っておかしくなっちゃってんの?
 って思わずにはいられません。
(温暖化などとはきっと関係ないんでしょうけど……)

さて、今回も粋なツイートを残していきますよ!

1.

僕の好きな作家さんのひとり、針とらさんのブログ記事からのツイートですね。
創作って、ある意味で効率を追う必要のないところが好きだったりもします。

2.

KENPのページ数を稼ごうと、こんなことをつぶやいてたこともありましたね。
実際、一冊のKENP数上限は3,000ページですから、結構たくさんの著作を一冊に詰め込むことは可能です。
そんなこと忘れてましたけど、考える価値はあるのかな?

3.

いい言葉。

4.

これ、面白いですね。
僕はファンタジーで全滅(絶滅ではない)させましたがw

5.

まあ、なんだか子供の感想文みたいですけどね、たまにこんな感じ方、表現をするのもいいんじゃないかと……。
感想文の本編はこちらですね。

6.

こんなツイートもいいですよね。はい。

7.

そして、次がこれで、ずんと来る。

8.

自戒、系。

9.

喰らうべき毒と、避けるべき毒の区別が付くようになると良いんだけど、なかなかそうはいかない。
難しいもんだなあ。

10.

あ、これ読んでないな。
と思ったかたは、どうぞ〜!

今日はこんなとこで!
じゃ、また明晩!!

残しておきたいツイート

さて、今夜はいきなり宣伝的なやつから始まりますぜ、旦那。

1.

エゴサーチするとこの記事が結構出てくるのですよね。
今回、久し振りに内容を再読させていただいて、ニヤリとしてしまいました。
まさに、「術中にはまった読者」ってw。
今も自作の中で『孤独の王』が1番人気なのは、平沢さんのお蔭もあるんじゃないかと!
丁寧なご紹介、ほんとうに嬉しい限りです。

2.

こういう発想って面白いですよねー。
(僕自身は常に四次元で発想しなければならないと思っていたりしますがw)

3.

おっと、今度はくみたかんさんが書いてくださった感想ツイートを発掘!
『さよなら、ロボット』と言えば、いよいよ【再放送連載】が始まってますよねっ!

4.

読む目的がいろいろあって、書く目的がいろいろあって、売る目的がいろいろあって……。
それで、いいんじゃないかと思う。
表現って、「こうでなければならない」と考え出すと硬直化してしまうものだから。

5.

ここのところ自分の技術のなさにダウナー気味だったので、こうやって自分に言い聞かせた方がいいんですよ。
ええ、自分らしく書けばいいのですよ。

6.

ついつい書き過ぎてしまうタイプなので、こうやって考えることは大事ですねえ。

7.

この状況は何十年も変わっていないのだなあ。
過剰包装は要りませんよねえ、本当に。

8.

久し振りに師匠の名言。
どうしてこの方はこんなにもたくさんの素晴らしい言葉を残せたのだろう。
残したいと思って喋っていないことは確かだけど、ね。
普通に生きること、考えることがすでに、僕らにとって目標になっちゃうくらいのレベルなんだろうなあ。

9.

まあ、どうでもいいっちゃいいんですが、セミって頭の質感がすごいですよね。
ちょっと思い出したんですけれど、子供のころセミを捕まえて見ていたら、体をちっちゃい赤い虫が歩いていたんです。
きっとダニだったと思いますが、赤い虫にとってはセミの体がすごく巨大で、もう、一つの世界なんですよね。
世界って不思議だなあ。

10.

隙間社さんに気に入っていただけたことを思い出したので、嬉しくなって残しました。
改めて件の記事を読み直して、またも何度目かの初心に帰りましたよ。

じゃ、今日はこれまで!