再放送も悪くない

最近はちっともテレビを見ない僕ですが、子供のころはいわゆるテレビっ子でした。
学校から家に帰ったらすぐにテレビを点けて、夕ご飯までテレビ。ご飯は急いで食べて、またテレビ。夕ご飯中にテレビを見てはいけないという家庭内ルールがあったのですが、どんなタイミングで食べていたのかはよく覚えていなかったりして。
子供用のアニメで見ていないものはないというくらいどっぷり浸かっていました。
(当時は毎日6時〜8時くらいまでずっとアニメ番組が放映されていたんです)

それでも、やはり裏番組やら兄弟事情で見られない番組があったりする。

そこで、再放送の出番ですよね。

同じ番組を何度も何度も再放送していたから、自分が本放送で見たのか再放送で見たのかの区別も曖昧でした。

ウルトラマンなんて、絶対本放送で見たと思い込んでいましたけれど、Wikiなどで最初の放映年を見ると、「こりゃ見てるわけねーわ」となるわけです。大人になるまで、それが再放送だと知らなかったわけです。

で、再放送。

このブログも、1回の記事はその時だけです。
もちろんスクロールしたりタグをクリックしたり、カテゴリー別に探せばいくらでも遡れますけれど、どんどん流れていってしまうことは明らか。
とは言っても、このブログの記事をここに再掲しても意味はありませんよね。ツイッターなどでリンクをつぶやくのはありかと思いますけど。

そこで考えました。

これまでに発信した情報の再放送って?

発信したい情報で、検索で辿り着いてもらえなさそうなものの代表は自作のアピール記事でしょう。CGのチュートリアルなどはどんどん検索してもらえますから。
でも、自作のアピール記事を再掲しても仕方がない(ツイートまとめではやってますがw)。

では、どうすれば自作に興味を持ってもらえるか?
再放送でテレビ番組を見るように、自分の作品に出逢ってもらえるか?

思いつきました。
(いや、前々からそんなことをやったらどうかとは何度か思っていたのですが)

発表済みの作品で、販売先との縛りがない作品をここで連載するという形はどうなんだろう、って。

どうやったら効果的か?
物語の途中で見つけたひとにとって、遡るモチベーションはあるのか?

そのあたりを考えながら、ちょっと計画を温めています。

どうなりますか、お楽しみに!
(既読作品が載っていても読む気は起きないのでしょうけれど、あくまでも初めてここに来た方に興味を持ってもらう作戦ですので……)

じゃ、また明晩!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>